• muevo
  • muevo voice
犬も食わねぇよ。 コミックバンドを脱却し、全力で鳴らしていく自分たちの音

犬も食わねぇよ。 コミックバンドを脱却し、全力で鳴らしていく自分たちの音

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は犬も食わねぇよ。の登場です。

YouTube再生回数が100万回を超える楽曲もある2人組、犬も食わねぇよ。

元々10年以上音楽活動をしていたが芽が出なかったという「マンモーニ拓磨」と、プロの作曲家としてアニメ主題歌などを多数提供している「完全制覇サスケ」の2名を中心に結成された。しかしライブのサポートも付けられない、同期も難しいためにメンバーを増やそうとしたら、エアギターを抱えてしまったという。

そんな犬も食わねぇよ。を有名にしたのは、YouTubeにアップされている「っぽい曲作ってみた。」というシリーズ。「ずっと真夜中でいいのに。」「Mrs. GREEN APPLE」「椎名林檎」など様々なアーティストっぽい曲を作り、その曲のMVっぽい映像を付けてアップされていく動画たちは、圧倒的なクオリティだと話題になった。

元々は自他共に認めるコミックバンド的な雰囲気のバンドであったが、近年は実力派ボカロP、King Gnuなど本音楽性重視の本格派路線作を想起させる作品が多く、本格派路線への緩やかなシフトチェンジが行われているようだ。

2019年には初めての全国ツアーで21都道府県を回り、1stアルバムは1,000枚が完売。1年で18曲入りのアルバムを3枚もリリースするなど実力は確か。

そもそも数多くのアーティストっぽい楽曲を、ただカバーしたりモノマネしたりするのではなく“それっぽい、絶妙なライン”で作るというのは簡単ではない。それを出来ていることが彼らに音楽的な実力があることの何よりの証拠。

2020年、まさに変換期を迎える大注目の2人組だ。





・犬も食わねぇよ。 – フレデリックっぽい曲作ってみた『エンドレステップ』




フレデリックの代表曲といえる楽曲「オドループ」。そんなオドループ感が満載の曲がこの「エンドレスステップ」だ。MVの雰囲気やリフレインしていくリフはまさにオドループ。もちろん弾いているフレーズは全くオドループのフレーズとは異なるものの、なぜかオドループ的。サウンドの音色や音の入れ方までもそれっぽくなっているところに、本気度の高さや強いリスペクトが感じられる。そんなこの曲は彼らがバズるきっかけとなった曲でもある。 

オドループっぽい楽曲ではありながら、自身曰く「1曲だけではなく2・3曲の要素を取れ入れている」という。フレデリックのどの曲の要素が入っているのか、探しながら聴いてみるのも面白いだろう。

ちなみにMVの女装は、本家の女性を真似ているとのことだ。




・犬も食わねぇよ。 – King Gnuっぽい曲作ってみた『黒目』 




こちらは今を時めくKing Gnuの「白日」っぽい雰囲気の楽曲。 

メロディーはやはり白日のそれとは全然違うが、高い声と低い声の入り方、また拡声器を使ったようなエフェクトに、ワウのかかったギター、King Gnuボーカル井口の特徴的なファルセットなど、随所にKing Gnuっぽさが感じられる。MVの雰囲気もうまく再現出来ていて、歌い方や見た目など極めてKing Gnu的だ。

犬も食わねぇよ。史上最短で100万回再生を突破した曲で、「King Gnuの勢いを実感した」と語っている。

またやはりこの楽曲でも1曲の要素だけではなく2・3曲の要素を取り入れているといい、実際に「Vinyl」のMVっぽいシーンや同楽曲っぽい音が登場する。




・犬も食わねぇよ。 –killer-tune

 



2020年2月23日に公開されたオリジナル楽曲「killer-tune」。

オマージュ楽曲に乗せる歌詞にはメッセージ性はないが、この楽曲は自分たちの言いたいこと・歌詞にこだわって作成された。実際この曲の歌詞には、≪キミにだってできるんだって/その実自分に言い聞かせた≫≪今一度齧られた林檎喰らい/街を飲み込めさあ最後の足掻きだ≫≪ねえねえボクを愛してよ≫と、今後はより本格的に音楽で勝負していくという自分たちの現状と重なるような言葉が多いように受け取れる。

サウンド的には「今の流行を散りばめたと感じている」「いろいろやりすぎてわけわかんなくなっている」というだけあって、ピアノや乱れ飛ぶようなギター、電子音など、様々な音が四方八方から飛んでくるような曲だといえる。そんな音の満載感がおもしろい曲だが、シンプルにメロディーの良さも際立っているので、普段あまりこういう音楽に触れたことがないという人でも受け入れやすいだろう。

今後の目標は「Zeppでワンマンライブを行うこと」だという彼ら。コミックバンド的な方向から転換して向かっていくその先未来では、Zeppでワンマンライブを行っている彼らの姿も全く違和感なく目に浮かぶ。

それだけ高い実力・センスを持っている彼らから目を離していてはもったいない。



【HP】

https://www.inumokuwaneeyo.com/


【Twitter】

https://twitter.com/inumokuwaneeyo?s=20


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC09hP34zPnnDJ92Ww6l-NpQ


【リリース情報】

2020/02/10

ベストアルバム「っぽい曲しかねぇよ。」配信スタート


カテゴリ一覧