• muevo
  • muevo voice
8bitBRAIN 8bitサウンド×ラウドピコリーモで魅せるアグレッシブな世界観

8bitBRAIN 8bitサウンド×ラウドピコリーモで魅せるアグレッシブな世界観

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は8bitBRAINの登場です。
アグレッシブな楽曲と激しいパフォーマンスで、新感覚の世界観を見せるガールズボーカルユニット、8bitBRAIN。通称ハチブレ。
メンバーはKoyoka、菊地桃子、小谷茉美子、アンズ卍100%、メロネサリの5人。2018年3月に結成された彼女たちは、ラウドロックやパンク、ダンスミュージック、ピコリーモなど多彩なジャンルの要素を反映させたサウンドとメンバー各々の強い個性、そしてライブアーティストとしてのインパクトで瞬く間に話題を呼んできた。
結成からわずか半年後の2018年9月には初のワンマンライブをチケットソールドアウトで成功させ、2019年には中国に進出。2019年秋に現編成になり、ますますユニットとしてパワーアップしながら前進を続けている。
中毒性抜群の音楽と圧倒的に踊れて熱くなれるライブパフォーマンスを武器にしながら、ライブハウスシーンを中心に大きな注目を集める存在だ。




・【ハチブレ】NemieNemieを屋外で【踊ってみた】 




8bitBRAINの楽曲は、キャッチーなメロディとラウドなサウンドを融合させることで、攻撃的な疾走感を生み出している。 

そんな個性が特によく表れた代表曲「NemieNemie」は、アッパーなメタルチューンとして聴かせる一曲に仕上がっている。
ユニット名にもある8bitサウンドがどこかレトロな雰囲気を感じさせつつも、鮮烈なインパクトも感じさせるナンバーだ。
公園で撮られた「踊ってみた」風のプロモーション映像と併せて注目してほしい。




・【ハチブレ】Cure the soreを屋外で【踊ってみた】 




ピコリーモなどの要素が色濃く含まれ、デジロック感がより一層強まった「Cure the sore」は、先に紹介した「NemieNemie」と比べてもさらに攻撃的でソリッドなナンバーに仕上がっている。 

オートチューンボーカルからシャウトまで多彩なボーカルワークも、強烈なインパクトを見せてくれる。
イントロやサビの、和のエッセンスを取り込んだサウンドも注目ポイントのひとつだ。




・【ハチブレ】Stand up storyを屋外で【踊ってみた】 




強いビート感と壮大なメロディで聴かせる「Stand up stor」も、8bitBRAINの人気楽曲のひとつ。 

緩急のついた楽曲展開が印象的なキラーチューンとなっていて、ライブでも盛り上がること間違いなしの一曲だ。
一体感のあるダンスパフォーマンスも見どころなので、ぜひライブに足を運んでみてほしい。



楽曲の持つ抜群のインパクトで、踊って熱くなれる世界観を展開する8bitBRAIN。その真骨頂は、熱量をダイレクトに見せてくれるライブにある。 

2020年代邦楽シーンに圧倒的なスピード感で切り込んでいく8bitBRAINのさらなる活躍に、これからも期待が高まる。




【公式HP】http://8bitbrain.com/index.html


【Twitter】https://twitter.com/8bitBRAIN_info


【ライブ情報】





【Youtube】

4/1より6/30までメンバー全員共同生活しながら90日間24時間配信中!

https://www.youtube.com/channel/UCwbbGjXGxuymcr2hfH9DIJA


【リリース情報】


■リリース情報

『Under the wether』

2020年7月1日(水)発売  

レーベル:インペリアルレコード/テイチクエンタテインメント

¥1,200(税込)


↓8bitBRAIN / Under the weather


<収録曲>




Type-A (TECI-741)

1.Under the weather

2.KI-RI-SA-KI PLAYER

3.Stand up story



Type-B (TECI-742) 

1.Under the weather

2.KI-RI-SA-KI PLAYER

3.NemieNemie



Type-C (TECI-743)

1.Under the weather

2.KI-RI-SA-KI PLAYER

3.Cure the sore




カテゴリ一覧