• muevo
  • muevo voice
シンパシンドローム キャッチーなサウンドに乗せた飾らないメッセージがあなたの心を照らす

シンパシンドローム キャッチーなサウンドに乗せた飾らないメッセージがあなたの心を照らす

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はシンパシンドロームの登場です。


J-ROCKの王道を行くストレートなサウンドとメロディに、等身大の言葉でメッセージを乗せて歌うバンド、シンパシンドローム。

前身バンド「PARTY of the DAY」での活動を経て2019年6月に始動した彼らは、大阪を中心に精力的なライブ活動を展開。その舞台はライブハウスに留まらず、ストリートでも積極的にパフォーマンスを行って自身の音楽を多くの人に届けてきた。関西ライブシーンを中心に、着実に話題を集めている存在だ。





・【MV】きっと/シンパシンドローム




シンパシンドロームの代表曲のひとつ「きっと」は、困難や葛藤にまみれた現実の中でも前を向き、希望を胸に前進することを歌うストレートなメッセージソングだ。

耳に残るキャッチーなメロディと清涼感のあるサウンド、飾らない言葉で描くストーリーが一体になって、聴いているうちにポジティブな感情が沸き起こってくる。

楽曲が作られるきっかけになったのは、ボーカルHiDEAKiのもとに届いた一通のDM。それは、「エーラス・ダンロス症候群」という難病と戦う桃子という女性からのメッセージだった。

闘病の中で、HiDEAKiが音楽を通して伝えてきた「諦めなければ何も終わらない」というメッセージに励まされたという彼女。やり取りが続く中で生まれたのが、この「きっと」だったそうだ。

実体験をもとにしたリアルな温度感のストーリー。一切の嘘のないまっすぐな言葉。それらがあるからこそ、普遍的なメッセージを伝えて聴き手の心を揺さぶる名曲に仕上がっている。

彼らがシンパシンドロームというバンドの音楽に込める想いを、ダイレクトに受け取れるナンバーとして聴いてみてほしい。




・MV「君の声、僕の声」/ シンパシンドローム




こちらは前身バンド「PARTY of the DAY」からの楽曲「君の声、僕の声」。突き抜けるようなアッパーなメロディと透明感のあるアンサンブルが一体になって、どこまでも駆け抜ける高揚感を生み出すキラーチューンに仕上がっている。

ロックソングとしての熱さだけでなく、聴き手の心にそっと寄り添うような優しさも併せ持っているのが印象的だ。この凛としたメッセージ性こそが、シンパシンドロームの最大の魅力と言えるだろう。




・【MV】スターチス/シンパシンドローム




シンパシンドロームとしての1st Single「星の降る夜、君と僕の物語」に収録された「スターチス」は、壮大で重厚なサウンドに感動的なストーリーを乗せたミディアムバラードだ。

歌詞で描かれるのは、ひとつの恋の終わりの物語。何気ない日常の風景がどれだけかけがいのないものだったのかを噛みしめながら、胸を締めつける切なさをシリアスに歌い上げている。

明るくポジティブな楽曲とはまた違ったかたちで、シンパシンドロームの表現力を見せる一曲として聴いてみよう。



「シンパシンドローム」という新たな名前を冠して、確固たるメッセージとストーリーを掲げながら邦楽ロックシーンを進む彼ら。その楽曲に込められた確かな想いは、現在進行形でより多くの人に届きつつある。

2020年は、バンドにとって「勝負の年にしたい」と考えているという。ライブハウスだけでなく路上にも活動の場を広げながら、ますます広い世界へ羽ばたいていくシンパシンドロームのこれからに要注目だ。




【Twitter】https://twitter.com/sympasyndrome


【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UC63XqyeUlYXQxZ0e4yseBYQ


カテゴリ一覧