• muevo
  • muevo voice
瀬兎一也 ポップネス漂うゴシックホラーを描くマルチなクリエイター

瀬兎一也 ポップネス漂うゴシックホラーを描くマルチなクリエイター

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は瀬兎一也の登場です。



ゲーム会社でイラストレーターとしても働いているマルチクリエイター系YouTuber、瀬兎一也(せとかずや)。

そんな特性を活かし、歌ってみたやオリジナル楽曲などの音楽系の動画だけではなく、“目の描き方”や“手の描き方”といったイラストの講座的動画やイラストメイキング動画、ツール紹介動画なども発信する。

音楽的な特徴は、そのルックスに呼応するような、クールさの中にかわいらしさが感じられる歌声にある。中性的な響きを持つその歌声は、様々なテイストの楽曲と調和し、それぞれの楽曲に深みを与える。

この4月には新社会人となり、これまでと違うステージに突入。それでも週一ペースでの投稿を目指して活動を続けていく。




・【自作モデル】メランコリック歌って踊ってみた【MMD】 




新しく作った自作の3Dモデルを使った、歌って踊ってみた動画。ハロウィーン的なゴシック感・ポップなホラー感のある衣装に身を包み歌い踊るその姿は、映像としても見応え抜群だ。 

楽曲「メランコリック」は、王道のロックサウンドとキラキラした電子音が絡み合う上で、キャッチーで愛らしいメロディーを歌う1曲。いじらしさが感じられる歌詞の世界観も一つの特徴だ。

そんな楽曲に対して瀬兎一也は、明るさの中に強く物憂げさやセンチメンタルが漂う歌声を響かせる。それが楽曲のいじらしさをより引き出すことにつながっており、より主人公のかわいらしさが伝わってくる。




・【瀬兎一也】Ready "Set"...? Halloween!【オリジナル曲】 




「世界観を詰め込んだ1曲になっており、タイトルロゴがすごく気に入っているので見て欲しいです」というこの楽曲は、2019年10月に発表したオリジナル楽曲「Ready "Set"...? Halloween!」。 

そのタイトルからも想像できる通り、この楽曲はハロウィーン的なゴシックホラー調に仕上げられている。歌詞にも≪足がとれるまで踊ろうよ≫≪朝は二度と来ない≫と不穏な言葉が並ぶ。ただし、そんな世界観の中にもしっかりと存在感抜群のポップネスがあり、かわいらしさが感じられるというのが特徴だ。自身の存在をそのまま楽曲にしたような曲だといえるだろう。

低音を活かした中性的な歌声とそんなポップなホラー感との相性は抜群で、たとえばテーマパークなどでハロウィーンをテーマにしたアトラクションに乗っているような感覚で聴くことができる。




・改めまして瀬兎一也です。【自己紹介!】 




こちらは2020年5月に投稿された自己紹介動画。 

兼業でイラストレーターをやっていることや、チャンネル内でどんなことを発信しているのか・いくのかといった情報から、どんなところで生活しているのかやハロウィーンが好きという基本的なデータまで紹介。アバター紹介もあり、イラストに興味がある人はこれだけでも参考になるといえる。

また単純に丁寧な話し方の人物であることが分かり、そこに好感を覚える人も多いだろう。イラスト講座動画などを見てみたくなる人も多いはずだ。



「今後の目標は、いつか瀬兎一也オリジナルフリーホラーゲームを作ること。またハロウィーンに向けて個人だけではなく”Ghost Crown”というグループでの活動も始め、2020年のハロウィーンに向けて大きな発表を控えているので是非楽しみにしていて欲しいです」と話す瀬兎一也。 

幅広い才能を持っており、世界観も確立されているので、今後実際にオリジナルゲームが発表されても何の違和感もない。そんなゲーム展開も楽しみにしながら、まずは次のハロウィーンに向けた発表を楽しみに待っておこう。




【Twitter】 

https://twitter.com/setoya0102?s=20


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC16P6nSFhimmcjQKrdOx2IQ


カテゴリ一覧