• muevo
  • muevo voice
ES-TRUS 予測不能なアレンジで激情を鳴らす発情期的ロックバンド

ES-TRUS 予測不能なアレンジで激情を鳴らす発情期的ロックバンド

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はES-TRUSの登場です。


名古屋発の紅一点発情期的ロックバンド、ES-TRUS(エストラス)。 

メンバーはVo.「kyoka」、Gt.「ゆうき」、Ba.「風児」、Dr.「REO」、Gt.「Aito」という5人組編成。

切なさで張り裂けそうな歌声を聞かせたかと思えば、クールでロック色の強い男前な歌声を聞かせることもあるボーカルkyokaの存在感や、テクニックを感じさせながらも感情が溢れ出すような激情的バンドサウンドが特徴。ライブパフォーマンスへの評価も高く、名古屋のサーキットイベントではトリを務め、着実に動員も増している。

2019年8月にはゲームアプリ"Leaping Destiny"に楽曲「NOT HATCH」を提供。同一ゲーム参加アーティストと共にリリースツアーを行い成功を収めるなど、その音の届く範囲を広げた。

そしてこの2020年4月8日、全国流通盤1st ミニアルバム「True or False」をリリース。名古屋から全国へ、勢いを加速させて進んでいく。




・ES-TRUS - 君がいて【Music Video】 




全国流通盤1st ミニアルバム「True or False」のリードトラックとなっている楽曲。 

この楽曲は、ボーカルkyokaの歌声の切なさと愛しさが強く前面に押して出ているのが印象的。やや甘めに響く歌声は、湿度を孕み、感情を過剰にさせる。特に3分20秒以降、≪行かないで 君がいなきゃ僕は歌う意味がない≫と歌うパートでは、その雰囲気がさらに強固になる。そんな歌声に、こちらの感情も飲み込まれてしまうだろう。

また、楽曲展開のドラマチックさも魅力。疾走感あるバンドサウンドでシンプルに奏でるパートも、シューゲイザー的に音で覆うパートもあり、ポストロック的なアプローチもありと、まったく飽きのない構成だ。




・ES-TRUS - 暁-akatsuki-【Music Video】 




同じく1stミニアルバム「True or False」に収録されている1曲。この楽曲は、彼らの音楽センスの深さに驚かされる楽曲だ。 

メタルからミクスチャー、ラテンミュージック、そしてプログレッシブロックなど、実に様々な音楽の要素を織り交ぜ、しっかりとまとめている。特にラテンミュージック的なサウンドの存在感は抜群。決して混ざり合わないであろうサウンドを完璧に混ぜ、それが良いエッセンスとなっている。並みのセンス・知識ではできない織り交ぜ方だろう。

ロック色が前に押し出た歌唱も、そんなサウンドに負けない存在感。引き込まれる要素の多い1曲だ。




・ES-TRUS - Despair Refrain【Music Video】 




こちらも1stミニアルバム「True or False」の収録曲。 

リフレインされるリフが印象的な1曲だが、リフパートとメロディーパートでは多少雰囲気が異なる。リフパートはダンサブルな雰囲気だが、メロディーパートは疾走感あるバンドサウンド。

さらにそれ以外のアレンジもやはり一筋縄ではいかないもので、2分35秒からは一気に美しいサウンドに変貌する。そしてそこからまた疾走感あるサウンドに戻って、ギターソロ。そんな全体のサウンド緩急に一気に持っていかれる楽曲。ライブでの定番曲だというが、それも納得の仕上がりだ。




・ES-TRUS - iL MiO 【Lyric Video】 




テクニカルなフレーズが一瞬で耳を奪うこの楽曲。ギターもテクニカルで印象的なフレーズを奏でているが、特に耳に入ってくるのはブリブリでグルーヴィーなベース。高速スラップも難なく奏で、楽曲に深みを演出している。 

この楽曲でもやはりアレンジの匠は感じられる。サビはとことんダンサブルながら、ハードでヘビーなパートもあり、キメキメに盛り上げていくパートや、ラップ調の歌を聞かせるパートまである。改めてアレンジ力の高さに驚くと同時に、このアレンジ力の高さがES-TRUS の大きな武器の一つであると分かる1曲だ。



この2020年は新型コロナウィルスの影響で、3月以降のライブがなくなってしまった。でもその分「ファンの人に活動を見てもらえるように頑張りたい」というES-TRUS。 

なかなかプロモーション活動も難しいところがあるが、配信ライブを行ったり、AppleMusicやLINE MUSICなどのサブスクリプションサービスでの配信も行ったりしている。できることを行いながら、自分たちの音が届く範囲をどんどん広げているES-TRUSは、今注目しておくべき存在だ。




【HP】 

https://es-trus.wixsite.com/es-trus-official


【Twitter】

https://twitter.com/ES_TRUS?s=20



【リリース情報】

■2020.4.8 Release 

ES-TRUS 全国流通盤 1st mini Album 「True or False」


¥1,800(税抜き) 全国のCDショップ、オンラインショップにて発売中!

上記で紹介されている4曲も収録されています!

JAN4522197134833 品番ESRS-0006



【オンラインショップリンク】 

Tower Record Online

https://tower.jp/item/5021556/True-or-False


HMV Online 

https://www.hmv.co.jp/artist_ES-TRUS_000000000826890/item_True-or-False_10663087


Amazon 

https://www.amazon.co.jp/dp/B084DHH6JH/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_0MGzEbXYFCRYF


【配信リンク】

https://linkco.re/GyZhAG1P

カテゴリ一覧