• muevo
  • muevo voice
菅原花月 温かて柔らかい、居心地の良いジャズミュージック

菅原花月 温かて柔らかい、居心地の良いジャズミュージック

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は菅原花月の登場です。



長崎県出身、現在は福岡を拠点に活動するジャズシンガー、菅原花月。

ミュージシャンであり、地元長崎でジャズクラブを経営していた父の影響を受け、 幼少の頃から音楽に興味を持つ。8歳の時よりクラシックピアノを習いはじめ、学生時代に地元長崎でシンガーとしての音楽活動をスタート。

18 歳からは福岡に移り住み、20歳の時、ピアノバーでの演奏をきっかけにジャズを歌い始める。以降、定期的なジャズクラブでの LIVE、イベント等に出演し、本格的なプロの世界へ。自らのリーダーバンド、コーラスグループ、弾き語りなど、その活動形態は多岐に渡る。

NYやLA等にも足を運び、現地でのセッションやレッスン等で刺激を受ける。20代中盤からはLIVE活動を行いながら、ホテル、レストラン、バー、ナイトクラブなどのステージで、ほぼ毎日の様にステージに立ち、経験を積んできた。

2018年3月からは、英語、音楽、人生勉強のため、カナダの最大都市トロントへ。そこで出会った、カナダのトップジャズミュージシャン達とレコーディングを行い、昨年2019年10月には1stアルバム『Tenderly』をリリース。「海外に行っても通用するシンガーになりたい」という目標に向かってどんどん前進中のジャズシンガーだ。




・Katsuki Sugawara 1st Album"Tenderly" Promotion 




2019年10月にリリースされた1stアルバム『Tenderly』のトレーラー。 

このアルバムの特徴はその温かさにあるといえるだろう。「ジャズは夜に聴くイメージがあるが、晴れやかなお昼間にも聴ける、柔らかなサウンドのアルバム」というその言葉がしっくりくる、まるで木漏れ日のような温かさを誇る作品。「Give Me The Simple Life」のような午後一にのんびり聴きたい曲もあれば、「Desafinado」のように晴れた朝の光に似たような楽曲もあるなど、温かい作品といってもその表情は様々だという点もポイントだ。「Since You've Asked」のような心に染み入るジャズバラードも収録されており、飽きずに聴けて、かつ居心地が良い作品となっている。




・East Of The Sun/Katsuki Sugawara 



石川雄一(gt)、松元沙綾(pf)、松下一弘(bs)、武本強志(ds)


ジャズの名曲『East Of The Sun』。そんな同楽曲を、ボーカル・菅原花月withピアノ・ギター・ベース・ドラムというカルテットでパフォーマンスしたライブ映像。 

ムーディーな雰囲気が強いものもあれば、疾走感を持って駆け抜けていくものもあるなど、様々なミュージシャンが様々なアレンジを聞かせるこの楽曲。彼女たちはノリの良さとムーディーさを兼ね備えたアレンジでパフォーマンス。

深みがあってやはり温かいボーカル。それをしっかりと支えつつ、全体のサウンドにノリの良さや華やかさを加えるバンドサウンド。そんなボーカルとバンドサウンドによるアンサンブルは絶妙に居心地がよく、ずっと聴いていたいと思える。




・African Fairytale/Katsuki Sugawara 



石川雄一(gt)、松元沙綾(pf)、松下一弘(bs)、武本強志(ds)


1stアルバム『Tenderly』にも収録されている楽曲『African Fairytale』のライブパフォーマンス映像。 

温かで柔らかい雰囲気の楽曲が多く収録されている同アルバムだが、夜をイメージさせる楽曲も収録されていないわけではない。特にその雰囲気が強く出ているのがこの楽曲だといえるだろう。ほの暗い空間での演奏もしっくりくるような、じんわりと心を照らす曲調で、やはり深みのある歌声を響かせている。

そんなボーカルも、そしてピアノもドラムもベースも、穏やかなテンポの楽曲であるにも関わらず熱量が高いというのも一つの特徴。気が付けばその演奏に飲み込まれてしまう。



この2020年は本来であれば昨年の1stアルバムのリリースに伴って、ツアーを展開しようと考えていた。しかしコロナ禍においてなかなか難しくなってしまったどころか、そもそも5月末ごろまでは仕事自体もなくなってしまったという。 

しかしだんだんと月1程度のペースでライブを展開できるようになってきており、来年2月にも福岡はborderにて40人限定でのライブを開催予定。「ラグジュアリーな空間になっている」と話す同ライブは、配信するか、収録するかなど、直接参加以外の方法も検討中とのこと。続報を楽しみに待っておこう。




【HP】 

https://www.katsukisugawara.com/


【YouTube】 

https://www.youtube.com/user/ktklvsmsc/featured



【リリース情報】 




菅原花月1st Album『Tenderly』

2018年3月から1年半、カナダ・トロントに滞在し、現地のミュージシャンと収録した 1st Album。 メンバーには、カナダを代表するジャズミュージシャン計6名を起用し、豪華な仕上がりとなっている。ジャズスタンダードを中心に、12曲。どれも、カナダのゆったりとした空気間のようにリラックスしたアレンジ。ジャズは夜に聴くイメージがあるが、晴れやかなお昼間にも聴ける、柔らかなサウンドのアルバムです。


菅原花月(Vocal) 

Reg Schwager(Gt)

Adrean Farrugia(Pf)

Neil Swainson(Bs)

Fabio Ragnelli(Ds)

William Sperandei(Tp)

Alison Au(Sx,Fl)

¥3,000(税込¥3,300)


<CD SHOP>

https://www.katsukisugawara.com/cd-shop/



【ライブ情報】 

①11月23日(月・祝)

Birthday Live@福岡 New Combo

Open 18:00

Start 19:00

料金 ¥2,500(要2オーダー)

メンバー:

ピアノ 緒方公治

ベース AX 小野

ドラム 武本強志



②12月3日(木) 

@福岡 New Combo

Open 19:00

Start 20:00

料金 ¥3,000(要2オーダー)

メンバー:

サックス 碓井雅史

ピアノ 緒方公治

ベース AX 小野

ドラム 武本強志


カテゴリ一覧