• muevo
  • muevo voice
アカシアオルケスタ ジャズもロックもポップも飲み込み描く多面的音楽

アカシアオルケスタ ジャズもロックもポップも飲み込み描く多面的音楽

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はアカシアオルケスタの登場です。



2007年に結成されたバンド、アカシアオルケスタ。

メンバーは、Vocal『藤原岬』、Piano『西村広文』、Drums『北川慶祐』という3名編成。
元々ソロでシンガーソングライターとして活動していた藤原。その時代にバックでサポートをしてくれていたメンバーとバンドをやろうと思い立ち、アカシアオルケスタを結成。
 “ジャズフェスにもロックフェスにも出られるようなバンド”というコンセプトで始まり、だんだんとジャズ色が濃くなってきてはいるものの現在も、ロックを根底にしながらもジャンルにとらわれない多面性を持つ音楽を展開。
ライブにもこだわりがあり、本来であれば今年もライブで見せたい演出や構成があった。しかし残念ながらこのコロナ禍においてそれも難しくなってしまった。そのためネガティブな思いも一瞬浮かんだが「それはいつかのお楽しみとしてとっておいている」と前向きに進んでいく。
2020年4月よりYouTubeも本格的に展開していく予定だったが、少し前倒しになり、2020年1月に映画『えんとつ町のプペル』の主題歌カバーを投稿。それが3人体制の一発目となった。現在は毎月第2・第4金曜日にカバー曲を2曲発信。さらに毎週土曜日はメンバーそれぞれのソロの生配信を行うなど、積極的に展開中。
YouTubeを始めたのは、「現地の人とライブでしかコミュニケーションが取れないのが寂しいから」。実際、「特に仙台で好きになっていただいている」と、今までは年に数回程度しか行くことが出来なかった地域の人ともつながることが出来ている。

そんなYouTubeでの展開も楽しみな3人組だ。




・アカシアオルケスタ / 大停電 (MV EDIT)

 



2017年4月にリリースした4枚目のシングル『大停電』のタイトルトラック。
ウッドベースに小気味よいドラミング。楽曲を華やかに彩るホーン。流麗でお洒落なピアノのライン。限りなくジャズ色の強い楽曲でありながら、オープンなムードの歌声やポップでキャッチーなメロディーラインによってジャズに振り過ぎない。そんなポップでお洒落で明るい、大人から子供までみんなが好きになれる1曲だといえるだろう。

≪寂しいよなんて泣き出しそうな君に 言葉が何も見つからなくて僕はあかりをけしたんだ そっと すぐにバレる嘘をついて≫≪ねぇキスをしよう ずっと夜が明けるまで≫と歌う、愛おしくなる世界観もまた魅力的。



・アカシアオルケスタ スーパースター

 



2013年リリースの3rdアルバム『ヒョウリイッタイ』収録曲『スーパースター』。
ピアノロックとジャズをうまく融合させた、まさに“ジャズフェスにもロックフェスにも出られるような”1曲だといえるだろう。そのサウンド感は一言でいえば華やか。聴いていると一気に視界が明るくなるような聴き心地がある。

視界を明るくしてくれるそのムードは、≪失くさないで誇り高き夢 胸張ってゆけ≫≪朝が来るわ 傷んだ傷は強さに変わる≫≪今 君を生きる君は スーパースター≫と歌う歌詞にも関係があるだろう。楽曲の持つ明るさと歌詞の力強さが、自然と目の前を切り開いてくれる。



・異邦人 / 久保田早紀 (Covered by アカシアオルケスタ)

 



毎月第2・第4金曜日にYouTubeにて展開しているカバー。こちらはその中から久保田早紀の大名曲『異邦人』のカバーだ。
どこかオリエンタルなムードが印象的な同曲。その独特のムードは残しつつ、そこにアカシアオルケスタらしいジャズ感・ロック感を加えて自分たちの曲に昇華。そうして鳴らす異邦人は、新しい表情を見せているといえるだろう。

またシンプルに、ボーカル藤原の歌唱力の高さも伝わってくる。高音の美しさや表現力など、どこをとっても非の打ちどころのない歌唱を披露。改めてスキルの高い面々がそろっているバンドなのだということが分かる。




これからの目標について尋ねてみると「藤原個人としては、バンドを少しでも長く続けていきたい。3人が3人、モチベーションを保ち続けていかないといけない。そのためには、挑戦をしていく必要があると思う。今年だったらそれがYouTube。なんで挑戦するかというと、一人でも多くの方に出会いたい、一人でも多くの方に音楽を届けたいから」と話してくれた。

10月31日に行われた配信ライブでは新曲お披露目演奏会を行なった彼女たち。今は「どのタイミングでリリースするかを決めあぐねている」という。「MVもこだわったものにしていきたい。映像面・3人のサウンド面にこだわりながら、来年には何かしらの形にしていきたい」と話すその新作にも、期待は高まる一方だ。


 

【HP】

http://acacia-o.com/


【Twitter】

https://twitter.com/acacia_orchesta?s=20


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCKV-t4rHp0wa2a33jbpheGw/featured




カテゴリ一覧