• muevo
  • muevo voice
久遠たま ハイレベルな表現力と幅広い歌声で道を切り開くバーチャルシンガー

久遠たま ハイレベルな表現力と幅広い歌声で道を切り開くバーチャルシンガー

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は久遠たまの登場です。



バーチャルシンガー、久遠たま。

個人勢グループ、GuildCQに所属。
2020年8月に初配信を行ったばかりの新人Vtuberである彼女。アニメ・アニソンが大好きで、生配信でもアニソンを多く歌っている。ハンサムでロック色の強い楽曲からアニソン色の強い愛らしい楽曲まで幅広く歌いこなすというのも一つの特徴。

一見すると普通の女の子でありながら、活動開始から3~4か月の2020年12月現在でチャンネル登録者数4万人を超えて5万人に迫るなど、すでに多くのファンを魅了している。その歌声で道を切り開きながら、夢を掴む物語を駆け上がっている最中のバーチャルシンガーだ。




・【紅蓮華 ‐ LiSA】鬼滅の刃op【歌ってみた】Demon Slayer〔Kimetsu no Yaiba〕OP

 



初の歌ってみた動画として、2020年9月に投稿した作品。
元々LiSAが好きだったという彼女。そのLiSAの楽曲の中から、「アニメも好きで、世界観も好き。ご本人の感情なども強く込められているとLiSAさんが話していたから、特に思い入れがある」という紅蓮華を選び、歌ってみた。
その歌声は一言でいえば力強さと繊細さを兼ね備えているものだといえる。儚いながらも、底に芯の強さがあるというアニメ・漫画の世界観をしっかりと落とし込んだその歌声は、本家LiSA同様の惹きつけられる歌声だ。

またこの紅蓮華の歌ってみたには『【GURENGE】Demon Slayer〔Kimetsu no Yaiba〕OP/English Ver.【Covered by 久遠たま】』というタイトルの英語版の歌ってみたも存在している。日本語版同様の表現力を英語でも発揮しているその歌声は、実際に海外の人にも楽しまれている。日本人であっても、日本語版と聴き比べてみるのもおすすめできる。楽曲のさらなる魅力、また彼女の魅力もより伝わるはずだ。



・【炎 - LiSA】鬼滅の刃『無限列車編』Full 歌ってみた【新人Vtuber】

 



同じく鬼滅の刃からの楽曲『炎』の歌ってみた動画。「LiSAさんが自分の人生も重ねていると言っていた。作曲者も好きな人だった。聞いた瞬間自分自身で歌いたいと思った」と話すこちらも、自身にとって思い入れの強い1曲だ。
曲が公開されてからすぐに録り始め、映画が公開されてすぐに出しているということがその証拠。少しでも早く出したいという熱い思いが溢れ、オケ以外は久遠たまが収録からMIX、動画編集まで行なっている。

その歌声には感情がたっぷり乗り、切なさと力強さに満ちている。ブレスやビブラートなどの細かい表現の部分にはLiSAへのリスペクトも強く感じられるが、それでいて物まねにはなっていない。リスペクトと自身の表現をうまく折り合わせて発信されるその歌声には、多くのファンが惹きつけられるのも納得だ。本家同様、思わず聞き入ってしまう作品になっているといえるだろう



・【おねがいダーリン】お誕生日に歌ってみた🎂/ONE - ナナホシ管弦楽団【久遠たま】

 



こちらは、紅蓮華や炎とはまた違った彼女の魅力を感じることが出来る作品。
紅蓮華も炎も、どちからといえばかっこいい部類の楽曲だといえるだろう。しかしこの『おねがいダーリン』は抜群にかわいらしい雰囲気の1曲。
サウンドは明るいムードで溢れ、メロディーもポップでキャッチー。Aメロは早口にまくしたてるようなパートで、楽曲中にはセリフも散りばめられている。
そんな愛らしさ全開のこの楽曲での歌声は、そのサウンドに呼応するように、キュートな雰囲気でいっぱい。散りばめられているセリフの表現も声優さながら実にかわいらしい。棒読みにならないシンプルな表現の上手さも感じられる。

カッコよさとのギャップにぐっと引き付けられる1曲だ。




今後は「オリジナル曲を制作し、作詞にも挑戦したい」と話す彼女。「アニメが好きだから、いろんなアニメを参考にして、自分の中でのストーリー性を歌詞にできたら嬉しいと思っている」と、展望を明かしてくれた。
また「3Dになりワンマンライブ開催する」という目標もある。まずは3Dになって、動きという表現の幅を広げて、ありがとうという気持ちなどをより伝えていきたいと考えている。
そしていつか、VシンガーとしてTVアニメ『宇崎ちゃんは遊びたい!』EDテーマを担当したYuNiのように、アニメのOPやEDも担当したい。そんな夢に向かって進んでいく彼女のストーリーを、一緒に追いかけてみるのも良いだろう。

毎週日曜日に配信中の定期歌配信についても、リクエストなどもこれまで同様受け付けながら、「今後もやっていくので是非見てね」とのこと。まずはここからチェックしてみるのもおすすめできる。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCBC7vYFNQoGPupe5NxPG4Bw


【Twitter】

https://twitter.com/quon01tama?s=20


カテゴリ一覧