• muevo
  • muevo voice
MoeKo その優しく透明な歌声には、感情が憑依する

MoeKo その優しく透明な歌声には、感情が憑依する

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はMoeKoの登場です。



ピアノ弾き語りシンガーソングライター、MoeKo。

ひたすら美しい旋律を奏でる。テーマとするのは、“自分自身の視線”。

自らの経験から着想した物語を、優しい言葉で表現する。


それは、同年代の女性の胸に響いていく。

楽しい事も悲しい体験も誠実に歌う、というのがMoeKoの一つの魅力だ。


新潟で保育士として働くが、音楽への想いを遂げるため単身上京するという、芯の強さも持ち合わせる。

2018 年 7 月、CD作品『ガラスの水槽から見えた世界』をリリース。

現在は、都内を中心に精力的にライブ、配信ライブを行っている。




・月が綺麗なうちは… / MoeKo [Live]




≪わかってるよ これが最後の一ページと≫と歌う、切なさの溢れる楽曲『月が綺麗なうちは…』。


最後の夜を映し出すような歌詞の世界観。

その時の感情がそのまま憑依しているかのような、想いの溢れる歌声。


優しく切ないタッチで世界観を色濃くするピアノの音色。

歌とピアノというシンプルな構成ながら、

それぞれの音や言葉に濃密な感情があるので、すごく厚みのあるものとして届く。


この楽曲の中にあるはち切れそうな想いは、

きっと誰かが誰かを想うその気持ちとリンクするだろう。

同じように誰かを想い、苦しい夜を過ごしている人の隣で、

一緒に涙を流してくれる1曲だ。



・眠れない夜に… / MoeKo [Live]




≪もしもこの世界があなたのこと悲しくさせても 歌うから何度でも "あなたは素敵"だと…≫

という言葉で始まる楽曲『眠れない夜に…』。


その言葉からも伝わるように、この楽曲は“あなた”の心を支えてくれる1曲だ。

例えば誰かに嫌なことを言われた時。誰かと自分を比べてどうしようもなく不安になる時。

自分のことが嫌になったりして、心が押しつぶされそうになることもあるだろう。


そんな時、この楽曲は自分の心に向けて「大丈夫」「あなたは素敵」と語りかけてくれるのだ。

優しく語り掛けるようなセリフパートの語り口や、やはり優しく、感情の溢れた歌声もまた、

この楽曲の言葉が心まで届いていく所以。


その音に、言葉に、一人の暗い夜から救われるという人は多いだろう。



・耳鳴り / MoeKo [Live]




力強いピアノサウンドで描き出す楽曲『耳鳴り』。


≪耳の奥で鳴り響くうるさいうるさいうるさい≫と、歌われている言葉たちも力強い。

それを表現するように、歌声にも爆発するような感情が込められている。

音や言葉、そしてサウンドが、強いエネルギーを放つ1曲だといえるだろう。


自分の心と対峙する時、もう一人の自分は強い感情を放つもの。

そしてそのもう一人の自分は、

≪早く解いて、目を覚まして、何も聞こえなくなる前に言いたいことあるでしょ?≫

≪いったい何がしたいの?本当の君を見せてよ?≫

と、背中を押してくれる。この楽曲で描かれているのはそんなシーンだ。


そんなこの楽曲内でのもう一人の自分の言葉は、きっと聴く人の心にも響いていく。

そして、心に熱いものが残るのだ。




2021年の活動について尋ねてみると

「今のうちに音源制作を進めて、コロナが落ち着いて皆さんとお会いできるようになる頃に、

アルバムをリリースできればと思ってます」と話してくれた彼女。


さらに「コロナの状況次第だがライブを活発に行いたい。

初となるワンマンライブもやりたい」とライブへの熱意も明かす。


ライブではさらにその感情もダイレクトに伝わってくるもの。

是非そんなライブを楽しみにしつつ、活動を追いかけていっていただきたい。



【Twitter】

https://twitter.com/moekooom?s=20


【YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UC26XDZhS1Id0lF12Zrf_-cA

カテゴリ一覧