• muevo
  • muevo voice
立花梨緒 ピュアでキュートな歌声を持つシンガー

立花梨緒 ピュアでキュートな歌声を持つシンガー

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は立花梨緒の登場です。



LOVE×TRAX所属、大阪出身のシンガー立花梨緒。


美少女ゲーム『悪女装』『狂った教頭』など、数々の主題歌を担当。

また、歌うだけにとどまらず、積極的に作詞提供も行なっており、その活動は多岐にわたっている。


ルックスもさることながら、彼女の何よりの特徴はキュートさと色気の混在するその歌声だ。

どんな曲調であっても、立花が歌うと立花の色に染まっていく。


そんな彼女の魅力に迫っていこう。




1曲目 小悪魔LipS


王道トランスの楽曲と立花のキュートな歌声が印象的な一曲。

一般に、トランスの楽曲は音価が強く、ボーカルが埋もれてしまうことも少なくないが、本楽曲では楽曲が立花の歌をしっかりと立てている。


立花本人によると、この楽曲の主人公はちょっとワルな感じ。

レコーディングの際は強気な女性で歌うことを意識したという。


初めてのタイアップ曲で、ライブで歌った回数が一番多い大切な曲。

現在の事務所に所属してからボーカルを録り直し「小悪魔LipS-Vocal 2018mix-」が完成した。

その「小悪魔LipS -Vocal 2018mix-」が、現在OFFICIAL BOOTHで販売されている。


ついぞ最近耳にする機会の減ったトランスだが、いつの時代でも良い音楽は良いと思わせてくれる、そんな一曲だ。



2曲目 To The World!


「小悪魔LipS -Vocal 2018mix-」のカップリングとして収録されている楽曲。

トランスとアラベスク音楽を混ぜて現在アニソンの要素で纏め上げた、王道的かつ独創的なような一曲。


曲の始まりからライザーがテンションを持ち上げ、耳を掴む。

AメロからBメロで展開される転調も独特であり、初聴では良い意味で期待を裏切られるはずだ。


立花自身、自分の今の居場所から夢に向かってチャレンジする気持ちを等身大で歌っている曲だと語っており、リスナーの背中を押せる楽曲だという。

気持ちが落ち込んだときには繰り返し聴きたくなるようなナンバーだ。



3曲目 雪のカケラ* -RIO solo ver-


立花のピュアなボーカルが映える一曲。


どこまでも切なく綺麗なメロディと、重厚なオケが冬の寒さを温めてくれるようだ。

ストリングスアレンジと所々で聴こえてくる冬を思わせるサウンドたちが随所で曲を彩っている。


「好きな子と待ち合わせをして、待っている時のドキドキを表現しました。キュンキュンするような楽曲です。」と語ってくれた立花。

歌っているときとまた違う表情を見せてくれた。


現在OFFICIAL BOOTHにて、雪のカケラ* -RIO solo ver-が販売されている。




ライブメインで活動をしていたが、昨年は新型コロナウイルスの影響でほとんどのライブが中止や延期となってしまったという。

そんな中でも、ファンと交流を図り、自分らしさを伝えたくて、配信ライブの出演オファーを積極的に受けていたという。


最初は配信という形に戸惑うことも多かったというが、今まで実際のライブ会場に来れなかったファンにも幅広く観てもらうことができ、結果的にファンが増えたそうだ。

どんなときでもポジティブに、できることを行うその姿は魅力的である。


そんな立花にとって、2021年は楽曲制作の年になるそうだ。多くの楽曲を世に出して、自身の音楽を幅広く聴いてもらいたいという。

「まだまだ、目標とするアーティスト像には遠く及ばないものの、少しずつでも近づけるよう頑張りたい。そんな姿勢も含めてファンの方に見守って応援して頂きつつ、皆さんに元気をお届けできる歌手でありたいです」と、コメントした。


また、自身が競馬が好きでありファンの中にも競馬好きが多いので、競馬の予想を生配信など、エンタメも大切にしていきたいという。

どんなときでもファンとの絆を大切にするシンガー立花梨緒。


これからも彼女の活動から目が離せない。



【Official Blog】

https://ameblo.jp/riotachibana0709/


【Twitter】

https://twitter.com/rioryzae


【BOOTH】

https://rionline.booth.pm/

カテゴリ一覧