• muevo
  • muevo voice
TSUNEI どこまでも伸びやかな歌声で心の曇りを晴らす

TSUNEI どこまでも伸びやかな歌声で心の曇りを晴らす

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はTSUNEIの登場です。



新潟県は南魚沼市出身のシンガーソングライター、TSUNEI。大好きだった亡き祖父の名前『つねいち』がその名の由来。

20歳の時に活動を開始。以降、「自身が歌に力をもらった経験から、誰かの力になりたい」という想いで歌を届けている。

直接音を届けることにこだわりを持ち、全国各地でライブを精力的に展開。平行して、TVリポーター等のタレント活動も行っている。

新潟県の地域活性化にも力を注いでおり、実家の米作りの手伝いをしたり、県内各地の情報発信をしたり、学生向け講演会を実施したりと、広く活動中。

2017年4月には『南魚沼市交流大使』第一号に任命された。

UX新潟テレビ21『Team ECO PROJECT』では3年連続テーマソング担当。2018年4月、『新潟アルビレックスBC』応援歌を担当。

テレビ埼玉、BSトゥエルビ『ミス・アース・ビューティフルJAPAN』OP・ED曲とも担当といったように、その音楽性は様々なところで高い評価を受ける。

大きな魅力は、一音で耳を奪われる突き抜けたパワフルさを持つ歌声。どこまでも飛んでいきそうなその歌声は、心の曇りを晴らしてくれる。


・TSUNEI - コエトブルー




2020年2月リリースのアルバム『Into』のリードトラック。同作はOvallのShingo Suzukiが全曲アレンジを担当しており、

当然この楽曲『コエトブルー』も同氏がアレンジを行っている。

元々はコロナ禍前に制作した1曲。しかし“空”をテーマに「近くにいない人にも声が届くように、

離れた場所の人にも届けられるような楽曲」というイメージで制作された同作は、ちょうど今の時期にぴったりな内容になっている。

穏やかで染み渡るようなサウンド感。その上を伸びやかに、まさに離れた場所の人にも届くように飛んでいく歌声。

そして≪寂しくなんてないよ ただ前を向いて進むだけ今は≫≪目を閉じればそこに 大丈夫 君が見える≫と歌う歌詞。

その全てが、今を生きる人の心に光をくれる。


・TSUNEI – Uncover




こちらも2020年2月リリースのアルバム『Into』に収録されている1曲。

世界大会3連覇を果たした、『Chibi Unity』擁する『Dance Presentation Unity』。

新潟で活動していて、よくコラボもするという彼らの踊っている姿からインスパイアを受けて制作。MVでもコラボしている。

タイトルである『Uncover』は脱ぎ捨てるという意味。

この楽曲は、しがらみとかそういうものを脱ぎ捨てて、目標に向かって行こうぜという想いが込められた1曲だ。

≪逃げないと決めた 今強く≫と歌う冒頭の歌声、何なら最初の一音からして、そんな想いが溢れているように感じられる。

その力強く伸びやかな歌声は、心にまとった嫌なものを脱ぎ捨てさせてくれるだろう。

Unityの子達は色んなジャンルを組み込んでダンスをしているから、そこに合わせられるように緩急を意識した」という、ビート感も印象的だ。

力強いビート感や、この楽曲に合わせて作られたというダンスは、まさに祈るように踊るよう。

その歌に、音に、踊りに、心が震わされる。


・1DK




2020年4月22日にリリースの、origami PRODUCTIONSの企画からの作品『origami Home Sessions EP-TSUNEI ver.-』収録曲。

全3曲収録のEPで、その3曲にはコロナ期間に入ってからの想いを入れている。

この楽曲『1DK』は、ステイホームの時期、外出自粛をしてくださいという時期の一人暮らしの女の子をイメージして制作。

「1DKの部屋に暮らしている女の子が、彼氏と会えない・予定通りいかない・春になったのにおしゃれできない、

というようなフラストレーションを抱えるのではなく、この期間をポジティブに捉えて、

ダイエットとかしたいと思うようなストーリーになっている」という1曲だ。

ネガティブな物事も、考え方一つでポジティブな出来事に変換することも出来る。

なんでもプラスに変えることが出来た方が、楽しく生きられることは間違いないだろう。

その言葉や軽やかな歌声から、そんな単純なことに気が付かされる1曲。



「楽曲制作・ライブを継続して活動していくことが目標」という彼女。

また、「アジア圏などにもアプローチしていきたい。

言葉がわからなくても曲の良さが伝わる、繋がれるのではないかという挑戦の意味も込めて、自分の可能性にチャレンジしたい」とも話してくれた。

さらに今後は「他のアーティストとコラボをしてみたい」という思いもあるなど、やりたいことはたくさんある。新曲のリリースも考えているとのこと。 

YouTubeにデモ音源の段階から音源をアップしていき、好評なものをリリースしていく可能性もあるというので、YouTubeも要チェックだ。



【HP】

https://tsunei.com/


【Twitter】

https://twitter.com/TSUNEI?s=20


【Instagram】

https://www.instagram.com/tsunei_neitsu/?hl=ja


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UC77E4BNIFv74tyac2LrA3AA


カテゴリ一覧