• muevo
  • muevo voice
bivouac 爽快で重たいサウンドと、琴線に触れるメロディーライン

bivouac 爽快で重たいサウンドと、琴線に触れるメロディーライン

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はbivouacの登場です。


2008年6月に結成されたバンド、bivouac(ビバーク)。

メンバーはVo.&Gt.『ノホリサチオ』、Gt.『サトウナオヤ』、

Ba.『イトウユウジ』、Dr.『ササキヒロシ』という4人組編成。

結成10年となる2018年に、現在の“bivouac”名義へと改名した。


その音には、重たさの中にどこか爽快感があり、

USポップパンクシーンとリンクするようなムードがある。

また、パンチ力の高いサウンドでありながらも、

琴線に触れるような切なさを携えたメロディーラインを鳴らすというのも一つの特徴。




・bivouac 「僕に告ぐ」 MV



2018年にリリースした1stミニアルバム『01』の表題曲。

リリース当時39歳で、今でも順風満帆とは言えない音楽活動だ、と話すVoノホリ。

この楽曲には、それでも、負けてきた自分ですら肯定する「僕」に向けてのメッセージが

込められている。


2021年現在、新型コロナウイルスの影響もあり、思い通りに活動できないことが多い。

「それでも我々はバンドを続けていく」。

彼らは今、そんな思いも込め、改めてこの楽曲を届けている。


壮大でパワフルで、まさに込められた想いを反映させたようなバンドサウンドは、重たくも疾走する。

そんな音に乗せられた、鼓舞するようなコーラスや歌声は、きっと今、多くの人の心に突き刺さるだろ

う。



・bivouac「you're my sunshine」 Official Music Video



こちらも同じく、1stミニアルバム『01』収録曲。

切れ味抜群のギターが印象的なこの楽曲は、「音楽活動をしていく中で、

やめていってしまった仲間のバンドに向けた感謝の曲」だ。


それだけ聴くと極めてセンチメンタルな1曲に思えるが、

その実この楽曲に込められているのは「別れに向けて、頑張れというメッセージ」。


それは≪本音を言えばまだ共にいたい≫だろう。

きっと道半ばで袂を分かつ誰もがそう思うはず。


でも彼らは≪いつかさよならの先で笑おう 光あれ≫と歌う。

≪you’re my sunshine≫、「あなたは僕らにとって太陽だった」と歌うのだ。

そこに彼らの人間的な魅力が感じられ、ぐっとくる。


特に何かを諦めたことがある人、夢の途中を歩く中で

誰かと別れてきた人には、刺さるものがあるだろう。


またこの楽曲は、ライブではサビの弾き語りパートで溜めたり語ったりと、気持ちを乗せ

て崩すことがある。

「ライブが一番好き」だともいう彼らのライブに参戦したら、

是非そこを楽しみにしていただきたい。




重たく、端的にいえば男らしいその音からは、気難しい人柄を想像してしまう人もいるだろう。

しかし実際に会うと、とても気さくであり、インタビュアーも心を開くほどに打ち解けやすい人柄である彼ら。

それは間違いなく彼らの一つの魅力だ。


2021年は“bivouac”になってから3周年。

「大きなイベントは予定していないが、新曲を発表したいと思っており、曲作りに試行錯誤している」

とのことなので、それも楽しみに待っておこう。


またもちろん、「お客さんと実際に顔を合わせてライブがしたいので、ぜひ来てほしい」

というそのライブ活動にも要注目だ。



【HP】

http://bivouac0621.com/


【Twitter】

https://twitter.com/bivouac_VOICE

カテゴリ一覧