• muevo
  • muevo voice
文稀 佐賀県唐津市から全国へ 新たな道を突き進むソロシンガー

文稀 佐賀県唐津市から全国へ 新たな道を突き進むソロシンガー

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は文稀の登場です。


佐賀県唐津市出身、現在は都内を中心に活動するソロシンガー、文稀(あやき)。


地元唐津市で2007年にガールズバンド「Victory」を結成してボーカルを務めた彼女は、

佐賀・九州を中心に実力派学生バンドとして話題を集めるように。

メンバーの高校卒業を機に活動拠点を東京に移し、

バンド名を「がんばれ!Victory」に改名した。


2015年にはポニーキャニオンよりメジャーデビューを果たし、

さらに精力的にライブ・作品リリース活動を展開。

発売したCDはシングル・アルバムとも

オリコンTOP50以内に入るスマッシュヒットを記録している。


2017年にはバンドの10年の活動に幕を下ろし、

以降彼女は「文稀」名義でソロシンガー、女優として活動を開始。

自身の表現を磨きながら、現在まで活躍している。




・文稀「HAPPY END.」(acoustic ver.)



ソロ名義で公開された楽曲「HAPPY END.」は、ひとつの思い出、

日々の終わりについて綴ったバラードソング。

作詞を文稀自身が手がけたというこの曲では、歌詞のストーリーの背景に、

自身の「がんばれ!Victory」でのバンド活動があるという。


楽しかった、だけど終わってしまった日々を振り返りながら、

その「幸せ」を思い出して温かい気持ちに包まれる心情。

飾らない言葉で歌い上げられる彼女の想いと、

伸びやかな歌唱、キャッチーなメロディに注目だ。


もともとバンド解散後は音楽活動を続ける予定はなく、

芝居のみに注力しようと思っていたという彼女。


しかし、あるライブハウスの店長から「もう一度歌ってみたら?」と

言われたことをきっかけにソロで音楽を続け、

現在は「ライブをやると生きている気がする」と感じているそうだ。


自身の音楽人生にひとつの区切りをつけた後も、

想いを歌い続ける文稀の「今」を描くナンバーとして聴いてみてほしい。




ソロシンガーとしての活動を開始してから3年半。

新たな表現を追求しながら前進を続けている文稀。

「もう一度メジャーシーンで歌いたい」という想いを持っているそうで、

最近ではまたバンド活動をするのもいいかもしれないと思っているという。

シンガーとしてさらに躍進し続ける文稀に、今後も要注目だ。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCY9sLmoVKKrLJQz2Er65XaA


【Twitter】

https://twitter.com/AYAKi1128_07


【Instagram】

https://www.instagram.com/ayaki1128_07/



【イベント情報】
・6/7 naveyfloor AKASAKA
・7/10 naveyfloor AKASAKA
・7/26 下北沢Laguna
(詳細は随時各種SNSにて公開中)

カテゴリ一覧