• muevo
  • muevo voice
Carya 時に晴れやかな、時に繊細な歌声が、世界観を確立させる

Carya 時に晴れやかな、時に繊細な歌声が、世界観を確立させる

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はCaryaの登場です。


宮城県角田市出身のシンガーソングライター、Carya(カーヤ)。


角田市PR大使を勤める。

2018年3月に福島県・会津大学短期大学部幼児教育学科を卒業し、学生シンガーからシンガーへ。

以降、全国のライブハウスを中心に年間 170ステージを行っている。その他、イベント出演多数。

ラジオ福島『SUNKIN』をはじめ、週2本のレギュラーラジオ番組ももつ。


2019年12月14日、かくだ田園ホールにてワンマンライブを開催し、市内外から400人を動員。

翌2020年8月には『GETOVER』『ヨジデス』『アシタノヒーロー』の3曲を

3週連続でデジタル配信リリースしている。




・ドリーミンバス


https://spaceshowermusic.com/release/20888358/


2019年3月リリースのミニアルバム『PLANET』収録曲。

ロックテイストの爽やかな疾走感が心地よい1曲で、

Caryaの明るく溌剌とした歌声がそこにさらに晴れのムードをプラス。


≪夢を見続けるんだ いくつになってもいつだって≫

≪ゴールまで長い距離でもきっと乗り越えられるんだ≫

と歌う歌詞もポジティブで、オープンな雰囲気。

楽曲全体・パフォーマンス全体で元気を与えてくれる1曲だといえる。


特に夢を追いかける人には、閉塞感を覚えながら日々を過ごし、

心が折れそうになることもあるだろう。

朝、足が出なくなることもあるだろう。

そんな時、この楽曲がきっと足に力を与えてくれる。



・夏キミ。


https://spaceshowermusic.com/release/20888369/


月刊Carya 8月号の収録楽曲『夏キミ。』。

そのタイトル通り、夏の眩しい太陽を思わせるような

キラキラしたロックサウンドが印象的な1曲。


そんな突き抜けるロックサウンドと同様に、歌声も華やかさが増す。

元々明るい歌声でエネルギッシュなムードがある彼女の歌声だが、

この楽曲ではそれが底抜けに強化されているように聞こえる。

それが楽曲の“夏”感を圧倒的なものにしているのだ。


そしてその“夏”感によるキラキラした雰囲気は、

楽曲内で描かれる恋のキラキラとリンク。

夏が待ち遠しくもなるし、恋の眩しさにトキメキもする。

そんな1曲だ。



・Time Slipper


https://spaceshowermusic.com/release/20888371/


月刊Carya 10月号の収録曲『Time Slipper』。

内容は失恋ソングでありながら、現代的なシティポップとHIPHOPを

うまく織り交ぜたような柔らかくて繊細なサウンドや音運び、

言葉選びにお洒落なムードも強く香る。


サウンド感やメロディーラインにとろけるも良し、

歌詞の世界観に没入して切ないムードに浸るのも良し、

様々な味わい方が出来る深い魅力を持った楽曲だといえるだろう。


先の2曲のような明るくオープンな歌声とはまた違い、

切ない感情がしっかりと乗った、夜と共鳴するようなその歌声も注目ポイント。

彼女が、引き出しの多いシンガーソングライターであるということが分かるはずだ。




これからの活動について「Caryaのステージで皆様を楽しませたい。これからコロナ禍が続く中でも、

楽しんでもらえるコンテンツを意識して活動していく」と話す彼女。

明るい歌声も切ない歌声も魅力的な彼女の音楽は、老若男女問わず幅広い世代に刺さるはずだ。

今後のさらなる活躍に、期待が高まる。



【HP】

http://str-co.jp/stranew/carya.html


【Twitter】

https://twitter.com/Carya_69


【Instagram】

https://www.instagram.com/carya_69/



【リリース情報】
2019/03/27リリース 
ミニアルバム「PLANET」
01. ドリーミンバス 
02. あお
03. XX Light Year 
04. アントワーヌの鍵 
05. 気まぐれエンジン 
06. 仙南Summer
07. 横丁パレード

カテゴリ一覧