未曾有のコロナ禍から生まれてきたバンド、Bug Holic(バグホリック)。


メンバーは2000年生まれのBa.ユーリ、94年生まれのGt.りゅー、98年生まれのDr.大樹、99年生まれのVo.Yu-go、99年生まれのKey.村上パシフィックカイ大空という5名編成。ドラムでリーダーの大樹(タイキ)がネット上で繋がっていたYu-go(ユウゴ)のヴォーカルを気に入り、2人がリアルで対面したのが始まり。


2018年にバンド結成をプラン。次いで、大樹が以前やっていたバンドのファンだったという村上パシフィックカイ大空(まさたか)が加入。3人で本格的に曲作りを開始した。翌年、大空の紹介で同じ音大に通う紅一点最年少のベース女子ユーリ、さらにりゅーが参加し、19年夏に現在の5人がラインナップされた。


そして曲作りを進め、20年2月より自主制作でレコーディングに。録音した音源を抱えてライブ活動を目論んでいたところで、世の中はコロナ禍に突入。日本全国でライブハウスは軒並み休業状態となった。出鼻をくじかれたバンドは予定していた活動プランを断念し、途方に暮れる。しかし水面下でできる限りの活動を行った。


たとえば街のスタジオで録音した音源のクオリティに満足できていなかった彼らは「最初に世に出す音源だからこそ質の高いものにしたい」と、プロ仕様のスタジオ『aLIVE RECORDING STUDIO』に現金を握りしめて突然訪問。ここでレコーディングさせてくれるよう懇願した。


プロユースであり一見のアマチュアバンドが気安く録音するようなスタジオではないので、普通ならばそこで門前払いを喰らってもおかしくはないが、奇しくもコロナ禍の始まりの時期。スタジオの予約にキャンセルが出たということもあり、熱意と破天荒さに心を打たれたスタッフが特別にOKを出し、空いた日を使ってレコーディングすることが許可された。


そんな「完全に無名だがおもしろいバンドがいる」という情報は、スタジオを主宰するレーベルのプロデューサーにも伝わり、その楽曲のクオリティの高さとメンバーの個性のユニークさからレーベルがサポートを始めることになる。


コロナ禍で当面ライブ活動がままならないのを逆手にとって、まずは曲作りとスタジオでのレコーディングに特化して動き出す。毎月新曲を作っては録り貯めていき、アルバム一枚分以上の音源制作を着々と進めた。


そして21年6月、一度のライブ経験もないままシングル『ハグレ』でデビュー。以降、配信シングルのリリースを重ね、22年4月に下北沢Club Que3ヶ月マンスリーでついにライブ活動をスタート。


ストリーミングのリスナーも日に日に増え、異例のスピードで動員の伸びを記録し、初ライブからなんとわずか8ヶ月、10本目のライブとなった下北沢CLUB Queでのワンマンはソールドアウトに。


同年12月に、初のアルバム『バグホ』をリリースした。




・Bug Holic 「カンカ」Music video



2022年12月リリースの1st Album『バグホ』収録曲『カンカ』。


≪もう感化スレスレだ あの時あの場所で歌う姿に重ねて ほっといたら捨てられちゃうよなシーンも 目に焼き付けていて≫と歌う、文学的でもあり感情的でもある歌詞の世界観。表情豊かな歌声。ダンサブルであり、ジャジーにすら聴こえながらも攻撃力が高いバンドサウンド。それを難なく演奏するスキルの高さ。どこをとってもBug Holicというバンドの質の高さが分かる1曲だ。


音にただただのめり込んで楽しむも良し、一緒に歌ってみるのも良し、歌詞を噛み締めるのも良しと、様々な楽しみ方が出来るだろう。



・Bug Holic 「Compass」Music video



同じく1st Album『バグホ』収録曲『Compass』。

目の前が晴れ渡っていき、爽やかな風が吹き抜けていくような、抜群の疾走感が心地よい1曲だ。


≪もう一回はないと知って生きてるから 羅針盤通り進まなくても構いやしないさ僕は≫≪今日も戻れはしないし前にしか進めないだろ≫という前向きな言葉たちと、そんな疾走感に満ちたバンドサウンド。そしてキャッチーで心を持ち上げてくれるようなメロディーラインと突き抜けるような歌声が、心にワクワク感という栄養を与えてくれる。


生きているとどうしてもそのワクワク感は枯渇していきがち。どうしたってリアルな未来に足がすくんでしまう。そんな日々を生きる全ての人に聴いていただきたい1曲だ。


・Bug Holic 「ハグレ」Lyric video



2021年6月リリースの1stシングル『ハグレ』。こちらも1st Album『バグホ』に収録されている。


サウンドに彩りを加える鍵盤。キレキレで、確かな存在感を放つ鋭利なギター。タイトでパワフルで高揚感のあるドラミング。ブリブリとした太さで重心を落としてくれるベース。そんな、ポストロックを思わせるように複雑に絡みあうバンドサウンドが光る。


それでいて日本的なポップス精神、キャッチーさという魅力も確かに放つなど、1stシングルにして、Bug Holicというバンドの魅力を全面的に見せてくれている楽曲だといえるだろう。キメも心地よく、ライブで体感した日には、思わずそのキメに合わせて身体が動いてしまうはずだ。




ある意味、コロナ禍だからこそ可能だったとも言える、あらゆる定石を覆す形で爽快で猛烈なスタートダッシュを決めたBug Holic。


「今後は全国にもライブの場を広げていきたい。バンドとしてはまだまだ始動したばかりということもあって、ライブは回数を重ねるたびによくなっていっているので、ぜひ観に来てほしい」と、この先の活動について話してくれた。


サウンドの質の高さに疑いの余地はなく、ライブパフォーマンスもますます研ぎ澄まされている。

今後の活躍に期待が高まるバンドの一つであることは確かだ。


【リリース情報】



Full Album『バグホ』

[CD]
全17曲(CD Only Bonus Track 3曲含む)
¥3,000(税抜¥2,727)
EDCE-1041
各種サブスクリプションでも配信中(全14曲)



【ライブ情報】


■2023年2月8日(火)
下北沢CLUB QUE
『DOUBLE PLAY』
≪出演≫VIVACE/Bug Holic
≪時間≫開場18:15/開演19:00
≪Ticket≫オールスタンディング 前売¥3,500/当日¥3,800 (+ドリンク別¥600)※価格
表示は全て税込
・CLUB Que店頭

・e+(イープラス) https://bit.ly/3AGR6Qk

・Livepocket https://t.livepocket.jp/e/que20230208

・Bug Holic公式HP https://bugholic.com/contact/


≪Info≫OFFICEQUE 03-5433-2500
≪配信≫料金¥2,500

Streaming + 購入 https://bit.ly/3Y0cVo3

・購入期間 :1月13日(金) 10:00〜2月14日(水)20:00まで
・視聴期間 ライブスタート~2月14日(水) 23:59まで



■2023.2.28 [Tue]
渋谷CLUB QUATTRO
第15回「ライブハウスとマスターピース」
≪出演≫(推薦地区/会場)
太郎 (神奈川代表枠「横浜BAYSIS」推薦)/atLestyRe (東京代表枠「LIVE labo YOYOGI」推
薦)/yunoka (埼玉代表枠「西川口Hearts」推薦)/そばかすチャーリー (千葉代表枠「柏
ThumbUp」推薦)/Bug Holic (開催枠 推薦)/岸田冬志樹 (ABC 推薦枠)
≪時間≫ 開場17:30/開演18:00
≪Ticket≫前売¥3,000/当日¥3,500 (+ドリンク別)※価格表示は全て税込み

・e+(イープラス) http://eplus.jp

・Bug Holic公式HP https://bugholic.com/contact/



■2023年3月2日(木)

下北沢DaisyBar

<DaisyBar 18th Anniversary> BRIDGE

≪出演≫プランクトン / Bug Holic / フィルフリーク/ 麗奈

≪時間≫ 開場18:30/開演19:00

≪Ticket≫前売¥3,000/当日¥3,500 (+ドリンク別) /配信¥2,000  ※価格表示は全て税込み

・Livepocket https://t.livepocket.jp/e/t3j50

・Bug Holic公式HP 1月28日(土) 17:00〜 https://bugholic.com/contact/


≪配信≫

購入ページURL 

https://twitcasting.tv/c:daisybar_shimokita/shopcart/213430

*ツイキャス公式ストアにて発売

・お目当ての出演者を購入時のコメントよりお知らせください。

*視聴期間:配信日より1週間

・チケットをご購入頂いた方は、視聴期間中は何度でもご視聴いただけます。

*注意事項

・映像や音声の無断転載禁止。

・ご購入後のキャンセルまたは変更はできませんのでご了承ください。


【Info】

下北沢Diasy Bar

[email protected]



『ご来場のお客様へ』
会場内では常時マスクの着用をお願いします。
会場内では係員の誘導に従い、整列にご協力をお願いします。
当日ご入場前に検温をいたします。37.5度以上のお客様は入場をお断りする場合がござい
ます。
入場口にてアルコール消毒液による手指の消毒を行っていただきます。
場内における大声による発声・会話、過度な飲酒はお控えください。

≪Info≫[email protected]