• muevo
  • muevo voice
ナイトdeライト ━━ こんな世の中に「音楽」で“愛”と“勇気”を!そんな希望に満ちた光で包んでくれるバンド

ナイトdeライト ━━ こんな世の中に「音楽」で“愛”と“勇気”を!そんな希望に満ちた光で包んでくれるバンド

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は4ピースロックバンド、ナイトdeライトの登場です。


2006年に札幌で結成された“暗闇に光を”という意味を持つ、4ピースロックバンド「ナイトdeライト」。

メンバーは、料理の腕がプロ級の平野翔一(Vo&G)、ハワイ生まれのゲーム好き・三橋恵之矩(G)、その作詞センスでバンドの世界観を作り上げているリーダー長沢紘宣(B)、いい人を絵に描いたような笑い上戸・田中満矢(Dr)。なんと4人中3人の父親は牧師で、Drの田中に至っては本人も牧師というクリスチャンバンド。

これまでに5枚のシングルと、7月11日発売の「Quarter」を含め6枚のアルバムをリリース。

テレビCMだけでも、石屋製菓・白い恋人に「終わらない夢」、ルスツリゾート「大地の心」、宮文刃物店「所帯持ったっていいじゃない」炭リッチ「炭リッチソング」、ハウス食品・バーモントカップ「シンボウ人」が採用され、熊本・大分復興支援チャリティアルバムなどにも参加している。

2014年度には「北海道100本ライブ」を達成、2016年にはイスラエル独立記念式典にて書き下ろしの平和の歌を演奏、同年、国際飢餓対策機構親善大使に就任し、カンボジアの子どもたちに希望を歌った。他にも老人ホームや育児院、刑務所でもライヴを行うなど、その活動はまさに愛と光に満ち溢れている。

また「UP TO YOU TOUR」では、なんと入場無料で見終わった後にお客さんがその代価を決定してBOXに入れる、という方法を実施。ハードルを取っ払って、光の道への近道を作ってくれているのだろうか。ぜひ一度、彼らの音楽に触れてみて欲しい。自分のことを、誰かのことをもっと好きになれる、素敵な未来に会えるかもしれない。



●「君はそれで素晴らしい」

 


誰しもが一度は考える、自分の存在について。何故自分は生まれてきたのか、何故生きてゆかなきゃいけないのだろう。そんな答えはあって無いようなものだけど、一度考え込んでしまうとどうしても答えを欲しがるものだ。

彼らの音楽活動において最も大切にしている“命の尊さ”が、そのままストレートに表現されたこの曲は、[社会福祉法人 北海道いのちの電話]のテーマソングに起用され、地元・北海道で大事な命を救うことにも貢献している。

そのやわらかい歌声と前向きにさせてくれるポップなメロディが、負に固まってしまった心と思考を優しく絆してくれるのだ。そして、ただその「存在」だけで愛し愛されているということを心の中に確認したとき、そこに「勇気」が生まれる。たかが音楽、されど音楽。音楽は愛を伝え、人を救うこともできる。それを立証してくれる一曲である。



●「家」



2015年4月に発売された3rdアルバム『Familia』に収録されている「家」。

実はメンバー全員が所帯持ちの子持ち。それだけに、このタイトルを持つアルバムには所狭しと家族への愛情が駄々漏れ状態なのだが、この曲も例に漏れず。例え間違ったこと・下を向きたくたくなるようなことがあったとしても、自分の力で立ち上がってもう一度前に進めるように、どんな時でも変わらず待っていてくれる存在。それって最強だ。

シンプルな音を重ねたAメロから、ドラマティックに展開して歌い上げるサビへの抑揚がとても美しく、Vo.の平野はやんちゃな時代があったようだが、こののびやかで優しくも力強い歌声はとてもそんなことを想像させないほどで、きっと彼自信がこのバンドに愛を見たひとりなのかもしれない…そんなことを思ってみたりした。

この曲には「帰る家がない人はハウスレス、自分の居場所がない人がホームレス。居場所がない人も誰もが帰る場所がある」そんな思いが込められているという。何なら、帰る場所がない人だって誰もが必ず帰る居場所はあるんじゃないかな。帰ろう、帰るべき、愛すべき人が待つ場所へ。



●「終わらない夢」 



北海道在住のインディーズバンドを対象に行われた、Jリーグチーム・コンサドーレ札幌(現在の北海道コンサドーレ札幌)のサポートソングオーディション「LET’S ROCK 2012」にて、総勢70組の応募の中からサポーター・web投票による第二次審査を経てなんと、ナイトdeライトの「終わらない夢」が見事グランプリを獲得!

公式サポートソングになるとともに、第一次審査で選ばれた他の4組とともにコンピレーションアルバムに収録。また、チームのオフィシャルサポーターである「白い恋人」で有名な石屋製菓のCMソングにも起用されるという怒涛のタイアップである。

負けても倒れてもまた立ち上がる強さと前向きな情熱を、疾走感溢れるポップロックで応援歌らしく元気に楽しいサウンドに仕上げている。MVで大勢のサポーターやマスコットキャラクター・ドーレくんと共に盛り上がるその様は、老若男女に愛される曲でありバンドであることを象徴しているようだ。そんな、口ずさむだけで終わらない夢が見れそうな気がしてくるポジティブソング、挫けそうになったときこそぜひ!


【CD情報】

Quarter 5th album

2018.07.11 release 

NDLM-011 2,000円+税

01. can

02. 恋から愛へ

03. いいから俺について来い

04. とまり木

05. 自由のペン

06. 幸せでした

07. eyes

08. エデン

09. ギターケース


【HP】https://night-de-light.com

【Twitter】https://twitter.com/night_de_light

カテゴリ一覧