• muevo
  • muevo voice
温泉むすめ ━━ 歌で癒しをお届け!湯の神たちが“アイドル”として全国の温泉地を盛り上げる

温泉むすめ ━━ 歌で癒しをお届け!湯の神たちが“アイドル”として全国の温泉地を盛り上げる

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は温泉むすめの登場です。


温泉むすめとは、日本各地の温泉をキャラクター化し、温泉地を盛り上げるべく活動している2.5次元アイドルだ。

各地の温泉に宿る下級の神様である彼女たちだが、見た目は普通の女の子。
日頃は学校に通いながら、日々たくさんの人々に癒しと笑顔を与える術を学んでいるという。
ある日、温泉を司る神よりアイドル活動開始を命じられ、“人々を沸かせ、癒す”ことをモットーに立ちあがった。
草津 結衣奈(くさつ ゆいな)を中心に、総勢100人を超える温泉むすめが存在し、それぞれユニット活動を行い、CDリリースやライブ活動を行っている。
昨今多大な人気を魅せる2.5次元シーンに新たに躍り出た温泉むすめを紹介すべく、温泉むすめの最初のCDである『ユノハナプロローグ』より、温泉むすめを代表するユニットSPRiNGS(スプリングス)の楽曲を用いて、その魅力をお伝えしようと思う。



●【試聴動画】温泉むすめテーマソング 「未来イマジネーション!」 

(温泉むすめ 1stミニアルバム「ユノハナプロローグ」収録曲)


温泉むすめのテーマソングとして発表された「未来イマジネーション!」。
この楽曲を担当するSPRiNGSとは、草津 結衣奈(CV:高田憂希)、箱根 彩耶(CV:長江里加)、秋保 那菜子(CV:高橋花林)、有馬 輪花(CV:本宮佳奈)、有馬 楓花(CV:桑原由気)、下呂 美月(CV:遠藤ゆりか ⇒ 佐伯伊織)、道後 泉海(CV:篠田みなみ)、登別 綾瀬(CV:日岡なつみ)、奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)で結成された、温泉むすめを代表するアイドルユニットだ。
温泉むすめを象徴すべく、さまざまなギミックが施されているのが印象的だ。
まず、和を感じさせるメロディ。和楽器を使用した風情あるメロディは、全体的なポップな曲調にもマッチしている。桶のSEを入れるなど、温泉感も抜群だ。
可愛らしい歌声と、わかりやすくメッセージを込めたキャッチーなキャラクターソングで、温泉地と温泉むすめを盛り上げるという力強い意気込みを感じる一曲となっている。
キャラクターの絵から伝わる元気いっぱいなフレッシュソングで、アイドルものが好きな方にはたまらない仕様となっているだろう。
また、“温泉”を彷彿とさせる歌詞の表現方法も面白い。ぜひ言葉選びにも注目して聴いてみてほしい。


●【試聴動画】青春サイダー

(温泉むすめ 1stミニアルバム「ユノハナプロローグ」収録曲)


イベントで盛り上がること間違いナシの「青春サイダー」は、まさにアイドルソングと言える王道ポップな仕上がりだ。
夏の風物詩を盛り込んだ歌詞の世界観に、お祭りのようにノリの良いテンポとリズム感。
夏ならではの爽快感や甘酸っぱい恋模様を乗せたフレーズに、思わず胸がキュンキュンとしてしまう。
9人それぞれの歌声はどれも可愛らしく、ハイトーンボイスはサイダーのようにスカッと通り抜け、甘い歌声はしゅわしゅわと弾けていく。
夏本番に聴いて気分を満喫するのも良いが、あえて夏以外に聴いて夏の青春に想いを馳せるのも良いだろう。キャッチーなメロディラインは耳に残り、いつ、どんな時も聴きたくなってしまうような夏ソングとなっている。

温泉むすめは現在CDリリースの他、イベント活動にも精力的だ。トークイベントやライブイベントなど、その種類も豊富。イベントによって出演陣が異なるので、推しを見つけた方は出演者もしっかりとチェックしておこう。
また、数あるイベントの中でも特に注目なのは、実際の温泉地付近で開催されるのイベントだ。
温泉を楽しみつつ、温泉の女神である温泉むすめたちにも会えるという極上の癒しイベントとなっている。

イベントに関してはホームページで随時更新されるとのこと。温泉むすめのアプリゲームもあるので、まず彼女たちのことを詳しく知りたいという方はぜひこちらから始めてみてはいかがだろうか。


【HP】https://onsen-musume.jp

【Twitter】https://twitter.com/onsen_musume_jp?lang=ja

カテゴリ一覧