• muevo
  • muevo voice
R!N 言葉の壁を越えて届く「音楽」の力を信じて

R!N 言葉の壁を越えて届く「音楽」の力を信じて

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はR!Nの登場です。


愛媛県松山市出身の女性シンガーソングライター、R!N。アーティストとしてはもちろん、作曲家やボーカリストとして幅広く活躍し、さまざまな方面から注目を集めているフリーランスのミュージシャンだ。

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた彼女は、子どもの頃にはフィリピンに4年間留学。その経験もあって3か国語を話せるようになり、また「人前で歌ったり踊ったりすることが当たり前」だったというフィリピンで過ごしたことが音楽の道を志すきっかけになったという。
帰国後、留学で培った経験や「言葉だけが通じ合うための手段でない」という信念をもって音楽活動を本格的にスタート。数々の楽曲を企業やイベントに向けて書き下ろし、作曲家として実績を重ねてきた。任天堂3DS「Girls Mode4」のメインキャラクター青紫月子の楽曲歌唱を務めるなど、ボーカリストとしても活躍している。
また、「Gemie」名義で劇伴作家の澤野弘之氏とも活動し、ボーカルプロジェクト「SawanoHiroyuki[nZk]」に参加。「終わりのセラフ」「進撃の巨人」などの人気作品で歌唱を務めてきた。
現在では海外にも進出したり、ガールズメタルバンドAldiousのゲストボーカルも務めるなど、ますます活躍の場を広げている。

・Music



R!Nの代表曲のひとつ「Music」。そこには「言葉だけが通じ合うための手段でない」という自身の信念をもとに、音楽そのものを通して感動を届け、世界に貢献しようとする想いが込められている。

その背景にはテレビで流れていたシリアの戦争の映像があるそうで、平和な日本と一方で戦争が続く世界を見てこの曲が生まれたという。
楽曲としては耳に残るキャッチーなポップスながら、リズムのとり方やアクセントの入れ方、明るく朗らかなメロディにはゴスペルなどの影響も感じられる。
MVはゴスペル調の音楽性に合うためと、「平和を祈る」という意味も込めて神戸の教会で撮影されているそうだ。参加しているエキストラのファンに幅広い年代の人が並んでいることからもR!Nの音楽が世代を問わず多くの層に支持されていることがうかがえる。

・R!Nライブ「即興ソングコーナー」



R!Nのライブで好評を博しているのが、この「即興ソングコーナー」だ。

お題となるワードを3つもらって、それをもとにコードやメロディも全て即興で曲を作るというこのコーナー。R!Nが活動を始めてから6年間続いている人気の取り組みとなっていて、ここで作ったことがきっかけになり、レギュラー化してアルバムに収録されたものもあるという。
観客と一体になって楽しめる、そして即興であるからこそ「その日のライブに来ないと楽しめない」コーナーとなっているこの企画。今後もライブで続けていくそうなので、ぜひ実際に足を運んで体験してみてほしい。

・R!N 25th Birthday Oneman Live



シンガーソングライターとして着実に歩みを進めてきたR!N。その人生の節目となる25歳の誕生日、6月8日に、「R!N 25th Birthday Oneman Live」と題したライブが新宿ReNYで開催される。

また、このワンマンとその後決まっているいくつかのライブをもって、アーティスト「R!N」としての活動を休止することが発表されている。前向きな決断としての活動休止ということで、Gemieなど別名義での活動は継続されていくが、ぜひ今のうちにアーティストとしての彼女の姿も目撃してほしい。
これまででも特に気合の入ったステージとなるこのワンマンライブ。必見だ。



【イベント情報】
「R!N 25th Birthday Oneman Live」
2019年6月8日(土) @新宿ReNY
開場 17:00 開演 18:00
1階 指定席 ¥5,000 (完売)/ スタンディング ¥3,800(各1ドリンク別途)

その他ライブ情報
https://rin-gemie.amebaownd.com/pages/1235235/page_201708311858

【リリース情報】


「Memento」2018.6.7 Release
1.シャララ
2.あくび(2018 Remaster ver.)
3.Last kiss
4.ハナレバナレ
5.力になりたい
6.Summer Days
7.TRUE COLORS
8.Love song
9.光
10.Masterpiece
10曲入り ¥2,500

カテゴリ一覧