• muevo
  • muevo voice
Hiro Watanabe 改名後初のEP「MIXED EMOTIONS」で見せた新たな想い

Hiro Watanabe 改名後初のEP「MIXED EMOTIONS」で見せた新たな想い

2014年に徳間ジャパンからメジャーデビューを果たし、朝の情報番組「ZIP!」のコーナー「にっぽん わくわくキャラバン」で活躍したシンガーソングライター、渡邊ヒロアキ。

お茶の間に広く知られる存在となった彼が、2019年4月にアーティスト名を「Hiro Watanabe」へと改名した。これまでの音楽活動で抱えてきた想いを新たなかたちで表現し、自身のやりたい表現を重視する独立した活動スタイルで、新たな道を歩み始めている。これまでの「渡邊ヒロアキ」も、これからの「Hiro Watanabe」も、どちらも自分そのものだと語る彼。その感性や世界観を等身大で見せた、Hiro Watanabeとして初のEP「MIXED EMOTIONS」に触れていこう。


・Hiro Watanabe - The last night (Music Video) 

「MIXED EMOTIONS」のリード曲となったミディアムバラード「The last night」。
そこでは、別れを察した男女の最後の夜がセンチメンタルに描かれる。ダンスミュージック的な心地よいグルーヴ感とキャッチーなメロディに彩られたHiro Watanabeの歌声は繊細な優しさに満ちていて、スッと心に届いてくる。
曲が誕生した背景には彼がまだ20歳のころに書いた楽曲「サヨナラ」が原型としてあるそうで、当時のピアノフレーズを用いながらも歌詞やメロディは現代の感性で書き下ろすなど、「渡邊ヒロアキ」と「Hiro Watanabe」をつなぐ一曲となっている。
ポップミュージックとして、普遍的な魅力を放つ名曲だ。


・Hiro Watanabe - Soulmate (Official Audio) 

EPの1曲目を飾った「Soulmate」は、きらびやかなサウンドが幕開けを描くダンスナンバーだ。
クラブミュージックやブラックミュージックのエッセンスをたっぷりと含むトラックが、ゆったりとしたビートを見せるこの曲。タイトルからも分かるように詞のテーマには「友情」があり、ポジティブなメッセージを歌いながらも洗練された大人のサウンドを見せている。
アーティストとしてのHiro Watanabeの表現力の幅広さがうかがえるキラーチューンと言えるだろう。


・Hiro Watanabe - Let Your Colors Shine (Official Audio) 

グルーヴィーなリズムとアンサンブルの中で決意を歌う「Let Your Colors Shine」は、自身で「頑張れていない」と感じた時期に、自分へのアンチテーゼをテーマに書いた曲だという。
止まりたくない、高みを目指したいという気持ちに訴えかけるために、鼓舞するようなメッセージが散りばめられた歌詞。そこには、同じく迷いや葛藤を抱えている人なら誰もが共感できる、背中を後押ししてくれるようなパワーがある。


・Hiro Watanabe ex 渡邊ヒロアキ - 「この夏をいつか」 

EPの最後を飾る「この夏をいつか」は、鮮やかな青春の情景をノスタルジックに描き出すポップナンバーだ。
2018・2019年の全国高校野球選手権静岡大会でSBSラジオ中継テーマソングにもなったこの曲は、自身も野球部出身だというHiro Watanabeなりのかたちで、高校球児の想いを描く熱い一曲に仕上がっている。
球場や青空、ゆらめく陽炎や焼けつくような空気の匂いまで感じられる歌詞のストーリーが、心をかき立てるサマーソングだ。



自身の追求するポップスやブラックミュージック、クラブミュージックの色の強いナンバーから、渡邊ヒロアキ名義のころの代表曲まで、珠玉の6曲を収録した「MIXED EMOTIONS」。アーティストとして、そして一人の人間としてのHiro Watanabeの魅力を見せる名盤だ。
新しい道のりを歩み始め、これからどんな世界観を見せてくれるのか、今から期待が高まる。


【Twitter】https://twitter.com/hiroaki_nabe




【リリース情報】


1st E.P MIXED EMOTIONS
2019.6.4 Release
All Music Compose / Hiro Watanabe Lyric / Hiro Watanabe
1.Soulmate
2. What you want
3. そのままでいてほしい
4. The last night
5. Let Your Colors Shine

6. この夏をいつか



カテゴリ一覧