• muevo
  • muevo voice
Ryo Yoshinaga ブラックミュージック顔負けのパワフルな歌声と高い表現力を併せ持つ実力派

Ryo Yoshinaga ブラックミュージック顔負けのパワフルな歌声と高い表現力を併せ持つ実力派

muevo編集部にリクエストが寄せられた「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はRyo Yoshinagaの登場です
東京や神奈川、名古屋などを中心に活動しているシンガー/シンガーソングライターRyo Yoshinaga。シンガーやシンガーソングライターだけではなくコーラスとしても活動し、コーラスでは「FNS歌謡祭」や「NHK SONGS」など人気の音楽番組への出演経験も持つ。
歌い始めたのは大学1年生の時だった。80年代の洋楽をカバーするサークルに加入し、歌うことに目覚めた。OBの先輩のパーティで演奏するような特殊なサークルだったというが、太く伸びやかで、強さを感じる彼女の歌声からは洋の雰囲気を強く感じる。間違いなくこのサークルが彼女の一つのルーツとなっているだろう。
大学卒業後は普通に就職をし、音楽は時々歌うくらいにセーブ。しかし音楽の夢を諦めきれず、作曲を学び始めた。就職後3年経った時には仕事を辞め、本格的に音楽の道へ。
作曲では歌詞とメロディーが同時にできることが多いというが、それがすんなり耳に届く綺麗なメロディーを生み出す秘訣といえるだろう。歌詞を生み出す際に意識しているのは「なるべく直接的な表現をせずに表現すること」と「話し言葉に聞こえるようにすること」だ。
並行して制作活動にも力を注いでいるが、現在の活動のメインはライブ。自分の頭の中で鳴っている音を表現するためにも、弾き語りライブではなく今後はもっとバンドサウンドでのライブを増やしていきたいと語る彼女。間違いなくバンドサウンドにハマる声の持ち主だけあって、これからのライブ活動にも期待が高まる。


・Unelma/Ryo Yoshinaga 

サウンドのなり方は勿論、メロディーの運び方、そして歌い方など細部にまでR&B色を強く感じる曲。特に声の出し方は紛れもなくR&Bのそれで、コーラスワークで様々な場所からお呼びがかかるというのも納得できるほど、芳醇な鳴りの声を響かせている。
また、鳴りの良さだけではなく、シンガーとしてのテクニックの高さも感じられる。特にサビ部分の強弱の付け方などは抜群だ。パンっと歯切れよく出てくる強い声と、揺れながら助走をするような弱い声。このバランスがしっかり整っているから、メロディーの良さがより際立っている。


・M.W.F.W. / Ryo Yoshinaga

ファンク感のあるサウンドのうえでR&B調のメロディーを歌い上げるという、Ryo Yoshinagaのルーツを色濃く感じる一曲。まさに80年代の洋楽のような楽曲だといえるだろう。
テンポ的にアップテンポな楽曲なので、「理性の箱にそっとキーをかけたら」という歌詞の「り」の部分で巻き舌になるなど、歌声にも力が乗る。ただきちんと音がとれるというだけではなく、表現力という意味で彼女は「歌が上手い」のだということを認識させられる。

「最近はあまり歌の上手いシンガーがいないなぁ」と思っている人に是非聞いてもらいたい一曲だ。


・リフレイン/Ryo Yoshinaga

2017年のライブ映像ゆえに、最近のようなバンド形式でのライブではなく、弾き語り形式のライブとなっている。弾き語り形式である分、これまでに紹介した2曲のような跳ね感やグルーブ感、ブラック感は薄れている。しかしピアノと歌というシンプルな構成だけあって、歌声をよりダイレクトに感じられる。
この楽曲を聴くとRyo Yoshinagaという人間は、歌の表現力が高いだけではなく、自分自身の表現力が高い人間なのだということが分かる。ピアノの音色にもしっかりと強弱に差が付けられていて、ピアノの音色だけを聞いていても十分に感情が伝わってくるのだ。もちろんこの曲でも歌声の表現力は抜群で、「君の影がここになくても」という歌詞の「ても」の部分などはバンドサウンドではなかなか見られないような表現だといえるだろう。



これからは自分の歌をうたえる場所を増やしていきたいと語る彼女。まずは一緒に音楽をやれる人、一緒に曲を作ってくれる人、一緒に演奏してくれる人を増やしていく予定だ。そのためにセッションなどにも顔を出している。
彼女がそうまでするのは、ただ歌える場所を増やしたいからというだけでなく、一個一個の作品を納得いくクオリティで作っていきたいからだ。納得できる作品を作るための努力、いい歌をうたうための努力を惜しまない彼女が、同じような音楽仲間を集めていくことが出来たら、ますます高いクオリティの作品ができることは間違いない。




【ライブ情報】
1/16(木)「Ryo Yoshinaga × 宮崎薫 × 大山桂佑 3man Live」
会場:北参道GRAPES
Open 19:00 / Start 19:30
Charge ¥2,800 +1D&1スナック(¥1,000)


1/27(月)
会場:代官山LOOP
Open 18:00 / Start 18:30
Charge ¥3,100 +1order
w / yayA / 中前りおん / かちゃ / Ryo Yoshinaga ...and more


3/15(日)「Ryo Yoshinaga × yayA 2man Live 〜Halu〜」


会場:渋谷JZ Brat
Open 16:00 / Start 17:30 (入れ替えなしの2部制)
Charge ¥5,000 +1order
Band Member P.Key ハナブサユウキ、Gt.森本隆寛、Ba.ハピネス徳永、Dr.神林祥太
予約方法 ①メールでの予約 Viilea712@gmail.com 、②ライブ会場でのチケット販売


【リリース情報】
2nd EP Loistaa 5曲入り ¥1,500 (tax in)


ライブ会場、全国のCDショップ、各配信サイトでお買い求めいただけます。


配信シングル

カテゴリ一覧