• muevo
  • muevo voice
HONEBONE クールに、そしてユニークに。中毒性の高い世界観に聴き手を誘う個性派フォークユニット

HONEBONE クールに、そしてユニークに。中毒性の高い世界観に聴き手を誘う個性派フォークユニット

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はHONEBONEの登場です。


キャッチーさの中にも一癖ある音楽世界とユニークなパフォーマンスで魅せるジャパニーズフォークユニット、HONEBONE。

アメリカ人ハーフのボーカリストEMILYとギタリストKAWAGUCHIから成るHONEBONEは、実体験をもとにストーリー性豊かに描き上げた詞世界と軽快なフォークサウンドが融合した楽曲、「ギター漫談」と評されることもあるユーモアたっぷりのライブによって人気を集めてきた。

これまでにJ-WAVE「FRUIT MARKET」のテーマソングを手がけたり、笑福亭鶴瓶・上柳「お気に入りライブ」に出演したり、NHK BSプレミアムで冠レギュラー番組『「うたう旅」~骨の髄まで届けます~』が放送されたりと、メディア上でも大きな注目を集めてきた彼ら。さらに、ボーカリストEMILY個人でもCM出演やWeb広告モデル起用、テレビ東京「THE カラオケ★バトル」への出演など幅広い活動を行い、各方面で話題を呼んでいる。

これからの国内エンタメシーンにおいて、最大級の注目を集めているアーティストだ。




・HONEBONE - 『満月こわい』 Music Video / "Full Moon" MV 




HONEBONEの代表曲のひとつ「満月こわい」では、その不可思議な音楽世界の魅力を体感できる。 

メロディはポップに、サウンドは軽快に、歌詞はどこかシュールでファンタジックに。一度聴いたら耳に残るキャッチーな響きを持ちながらも、ひとクセある中毒性も見せてくれるのが印象的だ。

タイトルにもある「満月こわい」というキーワードを体現したMVも見どころのひとつ。インパクトのある映像で楽曲の持つストーリーを描いた映像作品として観てほしい。




・HONEBONE - 『冷たい人間』 Music Video / "A Cruel Person" MV 




4th Album「静かにしろ」の収録曲になった「冷たい人間」は、ポップでシュールな楽曲とはまた一味違った、じんわりと心に沁み込んでくるストーリーソングだ。 

タイトルにも表れているように、曲のテーマとなっているのは自分自身を「冷たい人間」だと感じてしまう嫌悪や葛藤。きれいな言葉の裏で誰もが内包する本音を迷いなく吐露して、それでもそんな自分を変えたいと静かに願うようなメッセージが確かな温度感をもって伝わってくる。

生々しく鋭い感情を歌うからこそ、強烈に聴き手の共感を呼ぶ一曲として必聴だ。




・HONEBONE - 『汚れた場所でも』 Music Video / "Resurrection" MV 




アルバム「13」のリード曲となった「汚れた場所でも」は、シリアスな詞世界から強いメッセージ性が放たれるエモーショナルな一曲に仕上がっている。 

世界の中で孤独や不安を抱えながらも「君」と手を取り合って前に進む決意が歌われていて、シンプルなアコースティックサウンドと2人のボーカルワークがそんなストーリーをより研ぎ澄ませて聴かせてくれる。

シンプルな構成だからこそ、言葉のひとつひとつ、サウンドのひとつひとつが聴き手の心をわしづかみにする一曲として聴いてみよう。




・HONEBONE - 『やっちゃった』 Music Video / "Oops, I did it again" MV 




「汚れた場所でも」と同じくアルバム「13」に収録された「やっちゃった」。メロディはクールに決めながらも歌詞には遊び心があり、奇妙な中毒性を放つキラーチューンだ。 

ムーディーなフォークギターサウンドも注目ポイントで、軽快でパーカッシブなコードワークが疾走感たっぷりに楽曲をリードしている。

ユニークな表現で魅せるMVにも定評があるHONEBONEだが、この曲でもそんな個性は健在。ドラマ仕立ての目まぐるしい展開には思わず笑ってしまうコミカルな描写も満載で、楽曲と合わせて見入ってしまう。



スッと耳に届くキャッチーさと、いい意味でクセの強い中毒性を持ちあわせたHONEBONEの音楽。その真骨頂は、彼らのパーソナリティがよりダイレクトに伝わるライブにある。 

ときにクールでシリアスに、ときにポップでコミカルに見せる楽曲と観客を惹き込むMCやライブパフォーマンスが一体になったHONEBONEのステージは、老若男女問わず魅了されること間違いなしだ。




新型コロナウイルスの影響でライブ活動が思うようにできない中でも、EMILYが一人で自作した新作MVを公開するなど、独自の方法で活動を続けている彼ら。 




今後もHONEBONEとしての活動はもちろん、品川庄司・品川の監督映画「リスタート」にEMILYが主演するなど、新しい世界へも進出しながらさらに活躍の場を広げていくという。 

これから間違いなく注目度を拡大していくHONEBONEに、ますます要注目だ。




【公式HP】

https://www.honebone.net/


【Twitter】

https://twitter.com/HONEBONE_OFFI


【Instagram】

EMILY 

https://www.instagram.com/emily_honebone/


KAWAGUCHI

https://www.instagram.com/kawaguchi_honebone/


カテゴリ一覧