• muevo
  • muevo voice
ミディ 音楽性の高いFutureサウンドをキャッチーに鳴らすマルチアーティスト

ミディ 音楽性の高いFutureサウンドをキャッチーに鳴らすマルチアーティスト

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はミディの登場です。


作曲Vtuberとして活動中のヴァーチャルトラックメイカー、ミディ。 

2018年1月、アニメやゲーム、アイドルなどに楽曲提供する傍らVtuberとしての活動を開始。元々Vtuberをやり始めたときには音楽ジャンルの人がまだそこまでおらず、裏方の印象があった作曲者を表舞台に出すためにVtuberデビューを果たした。以降、FutureBassサウンドを中心とした楽曲を発信しながら、楽曲解説やMVなどをYouTubeに投稿している。

DJイベントへの出演や、電子楽器メーカーとのタイアップも経験。バンダイナムコエンターテイメント発のコンテンツ「電音部」にコンポーザーとして参加するなど活動の幅も広く、2020年9月時点でチャンネル登録者数3万人弱、Twitterフォロワー数も2万5千人以上を数えるなど、徐々に注目度を高めている。

楽曲だけではなくMVも自身で制作するなど、マルチに活躍するミディ。制作ペースが早いのも一つの特徴で、曲は2週間程度、MVは3日で制作する。1年に1回はアルバムをリリースし、音系・メディアミックス同人即売会「M3」でも必ず頒布。この2020年にもアルバムを頒布予定となっている。




・【Future x Garage】ミディ - コンピューターミュージックガール【Music Video】 




FutureサウンドとGarageサウンドを掛け合わせた1曲で、キラキラしたサウンドを疾走感抜群に鳴らす。そんなサウンド感だけでも気持ちを盛り上げてくれるが、そんなサウンドの上に極めてポップなメロディーが乗る。 

深みのあるメロディーではありながらも、J-POPシーンとも共鳴するようなポップな音運びをし、誰の耳にも耳なじみ良く響いてくる。

音楽性の高さを感じさせながらも広く響くポップさを失わないというのは、簡単そうで難しいこと。それをしっかりと両立させている、ハイクオリティな1曲だ。

もちろん作詞作曲MV歌を自身で手掛けているという点も注目すべきポイント。楽曲だけではなく映像においてのダンスやカメラワークのクオリティも素晴らしく、ミディのポテンシャルの高さが感じられるだろう。




・【MusicVideo】ミディ - Close to my heart【ADVENTUNE】 




2020年4月に発表した楽曲「Close to my heart」。「RPG」をテーマにしたコンピレーションアルバム「ADVENTUNE」のために、“女神”をテーマにして制作した1曲だ。この楽曲ではミディは作曲と歌を担当している。 

やはりダンサブルで疾走感抜群。心をぐっと持ち上げてくれるようなサウンド感の1曲だが、この楽曲にはその中にセンチメンタルさが香る。特にメロディーは、極めてキャッチーではありながらもグッとセンチメンタルで、感情的な音運びをする。歌声も同様に感情的に聞こえてきて、ダンサブルかつ心に触れる、独特な質感の1曲に仕上がっている。

そんな唯一無二の世界観が癖になる人も多いであろう、中毒性の高い楽曲だ。



「今は作曲メインでやっているが、今後はアーティストとしてやっていきたい」と話すミディ。作曲はもちろんのこと、歌声のクオリティも間違いないので、アーティストとしての存在感がどんどん高まっていく可能性も極めて高いだろう。 

ぜひ今のうちに注目しておいていただきたいアーティストの一人だ。




【Twitter】 

https://twitter.com/mid_midy


【YouTube】

https://www.youtube.com/mid_midy


【TuneCore】

https://www.tunecore.co.jp/artist/Midy



カテゴリ一覧