• muevo
  • muevo voice
本庄さき 「カホン×歌」という独自の表現スタイルで世界観を描く木箱シンガー

本庄さき 「カホン×歌」という独自の表現スタイルで世界観を描く木箱シンガー

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回は本庄さきの登場です。


「木箱シンガー」というユニークな肩書で活動するアーティスト、本庄さき。 

以前からシンガーとして活動してきた彼女は、2019年に箱型の打楽器「カホン」に触れてその魅力の虜になったという。「叩く」という表現方法で自分の内なる力強さを表現できると感じ、それ以来、「カホンを叩きながら歌う」という独特の表現スタイルをとるようになった。

現在は自身のYouTubeチャンネルで人気J-POPソングのカバー動画を中心に投稿し、木箱シンガーとしての個性を確立。一方でTwitterではフォロワー数が7,600人を突破するなどSNS上の人気も集めており、次世代シンガーとして着実に存在感を増している。




・カホンで「紅蓮華」叩いて歌ってみた。-LiSA (cover 本庄 さき) 




本庄さきというアーティストを知る上でまず観てほしいのが、2020年7月に公開された「紅蓮華」のカバー動画。現代の邦楽シーンを代表するナンバーとなっているこの曲の力強い世界観と「カホンを叩きながら歌う」というエモーショナルな表現スタイルが一体になって、インパクトを感じさせてくれる。 

疾走感のある楽曲をよりリズミカルに、よりダイナミックに聴かせながら、ストレートなボーカルでも魅せてくれるのが注目ポイント。歌とカホンの一体感のあるパフォーマンスは必見だ。




・カホンで「感電」叩いて歌ってみた。-米津玄師(cover 本庄 さき) 




米津玄師の楽曲「感電」のカバー動画もおすすめ作品のひとつ。パワフルに駆け抜ける「紅蓮華」とはまた違った、グルーヴィーなアンサンブルで聴かせる一曲だ。 

緩急のついた目まぐるしい曲展開とメロディアスなボーカルにカホンのビートが加わることで、よりパーカッシヴに引き締まった音像へと仕上がっているのが魅力のポイント。表情や手ぶりまで加えた感情豊かなパフォーマンスも合わさって、映像的にも見ごたえのある一作だ。

YouTubeチャンネルではコンスタントにカバー動画が公開されているので、ぜひチャンネル登録して今後の作品にも注目してほしい。



芯の強さを感じさせる歌声で、楽曲の中に力強くエモーショナルな想いを込めて歌い上げてきた本庄さき。自身が内向的なタイプで、時には挫けてしまいそうな時もあるからこそ、「同じような気持ちになってしまった人の背中を、全力で押していけるような音楽を届けていきたい」という気持ちを抱えているそうだ。 

カホンという表現方法を得て、シンガーとしてますます進化していく彼女の今後に期待が高まる。本庄さきの活動の最新情報は、公式Twitterなどから要チェックだ。




【Twitter】

https://twitter.com/Honjo_Saki


【Instagram】

https://www.instagram.com/honjo_saki/


【SHOWROOM】

https://www.showroom-live.com/Saki-AP


【YouTube】

https://youtube.com/channel/UC-jFGMZ0LL9L4zhKSybg6VA


カテゴリ一覧