• muevo
  • muevo voice
CHiLi GiRL/川嶋志乃舞 自在な感性で生み出すスパイシーでチャーミングな新感覚ポップ

CHiLi GiRL/川嶋志乃舞 自在な感性で生み出すスパイシーでチャーミングな新感覚ポップ

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はCHiLi GiRL/川嶋志乃舞の登場です。


2020年6月にスタートした、スパイシーでチャーミングがビッグテーマの、

川嶋志乃舞(Shinobu Kawashima)によるニュープロジェクト、CHiLi GiRL。


語りかけるような言葉運びは、楽器のようにリズミカルで美味しい口当たり。

制限しない自由な音楽ルーツがスパイスとなった甘辛なサウンドで、変幻自在に耳をトリップさせる。

楽曲の中でクールに薫る三味線(ドラムストリングス)を、

どこか懐かしさも感じる新世代のポップスミュージックへ絶妙にブレンド。


川嶋志乃舞は、東京藝術大を卒業し、さいたまスーパーアリーナや日本武道館、

さらには海外でも公演する津軽三味線奏者。


これまでもテレビ東京「二代目和風総本家」のメインテーマ「花千鳥」を書きおろすほか、

日テレ「バズリズム02」で取り上げられるなど唯一無二の“伝統芸能ポップ”を掲げてきたが、

さらに自身の音楽に純粋に突き進むため、CHiLi GiRLをスタート。

ダンサーをステージに立たせたりもするなど、自由に泳ぐその音楽はまさに新感覚ポップだ。


2020年12月には渋谷WWWにて、CHiLi GiRL初の自主企画『LOVE SPiCE CLUB』を、

TOMOO、ONIGAWARAらを迎えて主催し、コロナ渦で成功、デビューを飾る。

新潮社『最後の秘境東京藝術大学』文庫版/漫画版に登場し高い評価を受け、

4度日本一にも輝いた津軽三味線奏者が展開する、新しいカルチャーがはじまる。




・CHiLi GiRL「LOVE HIT!」Lyric Video@ShibuyaWWW



2020年12月に行われた初の自主企画でのライブ映像と組み合わせた楽曲『LOVE HIT!』のリリックビデオ。


タイトなドラミングに、グルーヴをプラスするような刻む鍵盤。そして歪みを伴ったボーカルが鋭利なサウンド観を描き出す。

しかし、「恋に落とすことになるでしょ?」というセリフパートの後にサウンド感は一変し、

渋谷系の軽やかさを伴った、一気に気分を上げてくれる音になる。


そのまま突き抜けるかと思いきや再度、HIPHOPを彷彿とさせるサウンド感へと表情をチェンジ。

コロコロと表情を変えているのに、それでいて統一感もあるこの感覚は、彼女にしか描き出すことが出来ないものだ。


まさに新感覚そのものといえるこのサウンドは、老若男女、そして音楽の趣味を問わず多くの人を巻き込んでいくだろう。



・CHiLi GiRL(川嶋志乃舞new pro)|LOVE SPiCE CLUB@渋谷WWW #2



同じく自主企画『LOVE SPiCE CLUB』より、未リリースのライブ版『cotton candy』『Bedroom Meeting』のメドレーだ。

この2曲は、作詞作曲のみならず編曲も自身で行っている。


どちらもドリーミーでチャーミングな楽曲だが、『cotton candy』はよりメロウな雰囲気で、

じんわりとそのストーリーの中に引き込んでいく1曲。

『Bedroom Meeting』はそこにファンキーな雰囲気をプラスした軽やかな仕上がりで、

まさにベッドルームでの様子のような、柔らかさと気分が上がる雰囲気を体現した、可愛らしい1曲になっている。


歌声やメロディーから来る甘さに、ジャジーなベースだったり、ブルージーなギターソロだったり、

様々なサウンド感がスパイスを加えるその感覚はやはり、彼女ならではのものだ。



・CHiLi GiRL(川嶋志乃舞new pro)|LOVE SPiCE CLUB@渋谷WWW #3



やはり渋谷WWWでの自主企画『LOVE SPiCE CLUB』より、1st Single『愛の罠』と、

渋谷WWWのために書き下ろした『BYE BYE METHOD』のライブメドレー。


キャッチーなメロディーが愛らしい雰囲気を創出する『愛の罠』では、可愛らしさの中に見せる色気に心を奪われる。

サウンドもやはり一筋縄ではいかず、キュートでセクシーな世界観の中を突然、

中東を思わせるようなサウンドが切り開き、三味線がさらにそこを突き抜ける。

一見すると国籍も雰囲気もバラバラなそれらの音だが、やはり彼女の手にかかると完全に調和。

ダイバーシティを地で行くような構成・サウンドを難なくまとめあげるセンスに脱帽だ。


『BYE BYE METHOD』はキュートな振り付けにも惹かれる、色彩豊かな1曲。

ファンキーで軽やかなサウンド感と、ポップにバイバイしていくそのムードによって、高揚感が生み出される。

少しの切なさも香らせながら高揚するバイバイを描くので、自然と、また彼女たちの音楽に触れたいとさせられる。

本で言うならば、心地よい読後感を覚える作品だ。




「若い人にも勇気づけをしていきたい」と話す彼女。

様々な音楽を取り込み、自由に描くその姿勢からは、耳への心地よさだけではなく、

心へのパワーをもらえるという人も多いだろう。


また、「川嶋志乃舞」名義では、さらにこちらも純粋に伝統芸能の普及や新開発に向き合い、

弟子の育成や全国大会入賞とめきめき力をつけており、

今後も三味線奏者川嶋志乃舞・CHiLi GiRLとの二本軸で進めていくとのこと。


そんな彼女は、追いかけていかないと後悔するといっても過言ではない存在の一人だ。



【Twitter】

https://twitter.com/shinobu_clg


【Instagram】

https://www.instagram.com/shinobu_clg/


【HP】

https://www.clg-tokyo.com/


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCo7eiI8R2L_iiyD8iIlW7-g

カテゴリ一覧