• muevo
  • muevo voice
Rake 今改めて響かせる、想いを乗せて包み込む歌声

Rake 今改めて響かせる、想いを乗せて包み込む歌声

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はRakeの登場です。


宮城県は仙台出身のシンガーソングライター、Rake。

2010年にデビュー。翌2011年3月にリリースした楽曲『100万回の「I love you」』は、

ヨコハマタイヤCMソングとして話題となりスマッシュヒット。

2021年4月現在までにYouTubeでのMVの再生回数3500万回以上を記録している。


2015年8月、「音楽業界が変革している中で、一度自分の表現を見直したいと思った」

という考えから、活動休止へ。

その後、アメリカで赤い甲冑を身につけた侍の格好をし、

ギターを弾きながらのパフォーマンスにチャレンジ。


また演劇をやっている仲間に演劇を教えてもらったり、本を書いている仲間と一緒に創作したり、

音楽以外のジャンルに触れる機会を作り、表現者としてのアプローチを展開。

そして2018年4月、“Samurai Japan Project”を始動し、日本をテーマにした”侍写真”の配信を開始。

2万人以上の海外の方にフォローされる。


翌2019年からは侍の姿はそのままに、キックボードを使って北海道から沖縄までを旅しながら、

日本各地の素晴らしい景色や文化をインスタグラムで発信。

残念ながら、コロナの影響にて佐賀で断念するも、旅を通じた多くの出会いがあった。

Rakeの曲を知っているリスナーとの出会いもあり、音楽の力を改めて実感する。


そして、音楽活動を再開することを決めた。活動再開後はYouTubeをメインに発信。

英語詞を付けたカバーなども披露しながら、

自身も被災した東日本大震災から10年を歌った「100年先のあなたへ」も発表している。




・【英語ver.】優里『ドライフラワー』by Rake  Dried Flower/Yuri English covered by Rake



近年のスマッシュヒット曲といえる楽曲『優里 / ドライフラワー』の、英語カバーバージョン。

「海外の方にも届けたい」という思いや、「英語にした時の面白さを届けたい」

という思いから、英語バージョンでのカバーとしている。


英語にする際には、例えば本来の歌詞に見られる≪魔物≫というワードを、

そのまま≪Monster≫に訳すのではなく、あえて≪My heart≫という言葉を選択するなど、

Rakeなりの解釈で言葉を選択。


≪まだ枯れない花を君に添えてさ≫の≪枯れない≫を≪Still alive≫にするなど直訳しないようにして、

「英訳になった時の面白さを感じて欲しい」という、一味違ったカバーとなった。

もちろん歌声の質にも文句の付け所がない。


溢れる愛しさと痛いほどの切なさの配分が絶妙で、得も言われぬ胸のつかえが残る。

歌詞の音の響きの面白さと同時に、改めてその歌声も堪能したくなる作品だ。



・100年先のあなたへ Rake(東日本大震災から10年 願いを込め歌を作りました。)



仙台市に本社のある新聞社・河北新報社と

コラボする形で制作したという楽曲『100年先のあなたへ』。


≪ありがとう 僕は今 確かに君と生きている≫

≪新しい家が建ち 楽しげな子供たち 声は響く 素晴らしき世界へと 

100年先の今日 あなたに届くように 桜の木に想いを込めた≫

と歌うその言葉たちからは、人間と人間の“つながり”が感じられる。


あの日から今日に至るまでのつながり、そして今日から100年先へのつながり。

きっと実際に、人と人はそうしてつながっていくことが出来る。

この楽曲、そして歌声に込められた想いによって、≪そんな気がする≫のだ。



「コロナが落ち着いたら、何よりライブがしたい」と話す彼。

それまでは、まずはYouTubeを追いかけていくと良いだろう。


ここで触れてきた『ドライフラワー』以外にも、『夜に駆ける』や『別の人の彼女になったよ』などのカバー、

生配信のコメントだけで『うっせぇわ』っぽい曲を作ってみるなど面白い試みの配信も展開中。


まずは是非チェックしてみていただきたい。



【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCjbleA02CN1JKXBPCF82QVw


【Twitter】

https://twitter.com/rake_official

カテゴリ一覧