• muevo
  • muevo voice
ヒナタトカゲ 熱量高い音の中に込められた一つ一つの想いが、心を揺さぶる

ヒナタトカゲ 熱量高い音の中に込められた一つ一つの想いが、心を揺さぶる

「気になるアーティスト」を紹介するmuevo pick up。今回はヒナタトカゲの登場です。


2017年結成。神奈川県発の日本語ロックバンド、ヒナタトカゲ。


そのバンド名が表すのは“陰と陽”。

「人間誰しもが持っている暗い部分と明るい部分を、如実に表現したい」

「人間のありのままの姿を表現したい」という思いが込められている。


2019年7月、旧Voの脱退。メンバー脱退の危機を乗り越え、現Voのかんたが2019年12月に加入。

翌2020年3月、現体制初音源として3rdデモ『日々の中で』をリリース。

音源のクオリティの高さが評価され、全国各地からライブオファーが殺到するも、

コロナ禍においてツアーを1本も回る事が出来ず、我慢の新体制の幕開けに。


そんな中でも立ち止まることなく、同年9月に4thデモ『愛惜』をリリース。

MVの再生回数のアベレージも1万回を突破し、KNOCKOUT FES(東京)、でらロック(名古屋)、

GOLD RUSH(名古屋)、とサーキットイベントへの出演も果たす。


そして2021年7月、初となる全国流通盤をリリース予定。

LD&K内新レーベル『LONG PARTY RECORDS』より、

第一弾アーティストとして満を持してのデビューを果たす。

業界最注目、ネクストブレイク必須のイケイケバンドである。(公式HP引用)




・ヒナタトカゲ「天命」OFFICIAL MUSIC VIDEO



2021年7月7日リリースのミニアルバム『生きて』のリード曲。

メンバーの知人の死をきっかけに制作した1曲。

命の大切さを改めて知り、自分の信じた道に立っていたいという思いを乗せている。


そんなテーマだけ聞くと、センチメンタルなバラードナンバーをイメージするが、

ここで鳴らされている音は熱量の高い、パワフルな音。

疾走していくドラムに、掻き鳴らされるギター・ベース、そして感情的な歌声。

そのどれもがパワフルなのが、逆にぐっとくるのだ。


サビやラストにコーラスが入り、そこでぐっと広がる音に包まれるというのも秀逸。

一気に引き込まれ、描かれている言葉をさらに奥まで届けてくれる。


同曲収録のアルバムジャケットはベースの佐久間智紀が作成。

彼らにとっての“生きる”はイコールで“バンド活動をする”ということ。


故にこのジャケットには、LONG PARTY RECORDSのステッカーや

彼らの拠点的場所である高田馬場CLUB PHASEのパスが隠れていたりする。

そんなアルバムジャケットや夕日が感情を高ぶらせるMVにも注目だ。



・ヒナタトカゲ「愛故に」OFFICIAL MUSIC VIDEO



2020年9月リリースの4thデモ『愛惜』収録曲。


≪缶ビール片手に語り明かした夜 空を見上げた 君を見ていた きっと僕は君の為に生きている そんな気がした≫

≪そうやって僕ら笑って 朝が来るまで≫と歌うこの楽曲は「今いるもの、人たちを大切にしたいという思い」が

こもった1曲だ。


誰かとの一瞬一瞬のきらめきや儚さが感じられるその世界観が、たまらない。

パワフルに疾走するバンドサウンドでそれを描いているということも、

“人との別れ”がテーマになっているMVも、そんな世界観を引き立てている。


ちなみに先の『天命』以外のMVの監督・編集はベースの佐久間智紀が担当している。

自主制作・DIYでありながらもプロ顔負けのクオリティを見せているので、目でも耳でも堪能したい。



・ヒナタトカゲ「明日には」OFFICIAL MUSIC VIDEO



2020年3月リリースの3rdデモ『日々の中で』のリード曲。

この映像は、新体制になってから初のMV作品だ。


元々いたボーカルが脱退し、バンドとしては絶望的な状況だったと話す彼ら。

新ボーカルもなかなか見つからず、大変な日々を過ごしていた。

しかし簡単には諦めずに、明日には見つかると信じ、未来への希望は抱き続ける。

この楽曲は彼らの、そんな当時の想いとリンクする楽曲だといえる。


実際歌詞からも

≪信じたいような事ばっか 見たくない現実に潰されて どうしようもない事ばっか 溢れていた≫

≪一寸先も見えないけど 同じ未来描けたら≫

と、暗くなりそうな現実を見つめつつも、未来を諦めない姿勢が見て取れる。


時折スカのムードも交えながら熱量高く鳴らす音と歌は、

同じように暗い気持ちになりそうな状況にいる誰かの、

諦めかける気持ちを吹き飛ばしてくれるだろう。




バンドとしては、「誰かに寄り添える音楽を目指している」と話す彼ら。

「明日への活力となりたい」という思いを込めて、その音を鳴らす。

そしてもちろん、「いずれはメジャーアーティストとして全国的に活躍したい」という意欲もある。

そんな彼らがこれからますます飛躍していく可能性は高いだろう。


先述の通り7月7日には初となる全国流通盤1stミニアルバム『生きて』がリリース。

それに伴い、7~11月にかけて全国20カ所を回るツアーが予定されている。

メンバーは「全国ツアーを経て成長した姿を見せたい」と意気込んでいる。
今後の動きに要注目だ!



【Official Site】

https://hinata-to-kage.jimdofree.com/


【Twitter】

https://twitter.com/Hinata_to_Kage


【Instagram】

https://www.instagram.com/hinata.to.kage/



【リリース情報】

2021年7月7日(水)リリース

ヒナタトカゲ
『生きて(読み:イキテ)』
 
価格:1,600円(税抜) / 1,760円(税込)
品番:LDLP-1001
POS:4580529530685
レーベル:LONG PARTY RECORDS
形態:CD(ミニアルバム)
<収録曲>
1.天命
2.メビウス
3.フロル
4.残像
5.しるべ
6.嫌々
7.愛故に
8.映画の話

全曲トレイラー:https://youtu.be/3hZP4qUDlRE


<作品紹介>
関東シーンのネクストブレイク最前線!愛と泣きの4ピース日本語ロック「ヒナタトカゲ」
LD&K内新レーベル「LONG PARTY RECORDS」より日向も影も肯定する8曲入り初の全国流通盤をリリース!

現体制になってから2枚のデモ音源はトータル800枚を超えるセールスを記録し、兼ねてよりネクストブレイク

有力株として名を連ねていた「ヒナタトカゲ」の初全国流通盤!

リード曲「天命」は知人の死をきっかけに自分の生き方を見つめ直した決意の応援歌。

デモ時代のキラーチューンM2「メビウス」M7「愛故に」、必殺のショートチューンM4「残像」などなど、

愛と人生をテーマにした1stミニ!



【ライブ情報】

2021/06/30 (水)静岡UMBER

2021/07/01(木)栄party'z
2021/9/18〜20 TOKYO CALLING 2021(東京)※日割りは後日発表

「生きてこそ、咲き誇るツアー」
 
07/24 (土)下北沢SHELTER w / Sunny Girl
07/31 (土) 金沢GOLD CREEK w / IMASHI / EPIC and more
08/01 (日) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE w / IMASHI / EPIC / Mt.BLUE BEAR and more
08/07 (土) 柏DOMe w / SLIT EYEZ / high jumpmaster and more
08/15 (日) 沖縄Output
08/27 (金) 水戸LIGHT HOUSE w / COCOTPARK and more
08/28 (土) 宇都宮HELLO DOLLY w/まなつ and more
09/03 (金) 福岡Queblick
09/05 (日) 広島ALMIGHTY w / Aqua GeeCharn / THE ERIC MARKS and more
09/09 (木) F.A.D YOKOHAMA
09/18 (土) 札幌SPiCE
09/25 (土) 八王子RIPS
09/26 (日) 熊谷HEAVEN'S ROCK w / COCOTPARK and more
09/30 (木) 神戸 太陽と虎
10/01 (金) 心斎橋BRONZE
10/14 (木) 仙台enn 2nd w / urei / INC REASE and more
10/15 (金) 高崎 club FLEEZ w / INC REASE / BLUE SPRING and more
10/29 (金) 静岡UMBER w /シノカ and more
10/30 (土) 栄R.A.D w /シノカ and more
11/01 (月) 京都MUSE w /シノカ / かずき山盛り and more

カテゴリ一覧